書籍のご案内

定期刊行物のご案内

その他のご案内

Helicobacter Research 2019年11月号 (Vol.23 No.2)

Helicobacter Research 2019年11月号 (Vol.23 No.2)

ISBN: 978-4-86550-416-3

■編集主幹
浅香  正博:北海道医療大学学長/北海道大学名誉教授
■編集幹事
菅野 健太郎:自治医科大学名誉教授
杉山  敏郎:富山大学大学院医学薬学研究部消化器造血器腫瘍制御内科学、内科学第三講座教授
高橋  信一:杏林大学医学部特任教授/佼成病院副院長
福田  能啓:兵庫医科大学名誉教授/医療法人協和会第二協立病院院長
村上  和成:大分大学医学部消化器内科学講座教授

関連カテゴリ

  • A4判/112頁
  • 2019年11月発行
  • 定価 2,970円(本体 2,700 円 + 税)

数量:

特集Ⅰ 中学生へのtest & treat―Helicobacter pyloriの診断と除菌―
特集Ⅱ Helicobacter Topics!―「旬のHelicobacter」を知り,驚き,理解を深め,楽しむ―

胃がん予防を目的とした中学生へのtest & treatが全国各地の自治体に広がってきている。日本ヘリコバクター学会は「H. pylori感染の診断と治療のガイドライン」2016年改訂で「提言 胃癌予防」を新たに加え、胃がん予防を目的として中学生以上でのH. pyloriの診断と除菌を推奨した。一方、日本小児栄養消化器肝臓学会は「小児期ヘリコバクター・ピロリ感染症の診療と管理のガイドライン2018(改訂2版)の中で、“いわゆるtest and treatを行わないことを推奨する”というステートメ ントを出した。「中学性へのtest & treat」について異なる立場をとる両学会の考え方を理解したうえで、歩み寄りをはかるために本特集は企画された特集Ⅱでは、HelicobacterとAI、最近胃内視鏡検査時に見出された知見、胃がんマーカー、大学生を対象したピロリ菌検診プロジェクトなどの、最新の話題を取り上げているHelicobacterをめぐる最新の話題を知り最新の知識・技術を得るための本領域の医療スタッフ必読の一号。

新連載/胃炎の京都分類“マスターラーニング” 第1回
 No1.びまん性発赤,点状発赤と両者の鑑別点 寺尾 秀一ほか
 No2.地図状発赤,斑状発赤と両者の鑑別点 安田  貢ほか
 
特集Ⅰ 中学生へのtest & treat―Helicobacter pyloriの診断と除菌―
 序  加藤 元嗣
 国内でおこなわれている中学生test & treatの現状 垣内 俊彦ほか
 日本ヘリコバクター学会ガイドラインでの扱い 半田  修ほか
   日本小児栄養消化器肝臓学会ガイドラインでの扱い 伊藤 公訓
 海外での小児ガイドラインにおける扱い 梶 恵美里
 中高生のHelicobacter pylori診断と除菌―予防医学の視点から― 菊地 正悟
 小児に対するHelicobacter pylori除菌治療の安全性 林  櫻松
 日本小児栄養消化器肝臓学会ガイドラインが横須賀に与える影響 水野 靖大ほか
   
特集Ⅱ Helicobacter Topics!―「旬のHelicobacter」を知り,驚き,理解を深め,楽しむ―
    1.胃バリウム検査におけるAIによるHelicobacter pylori診断 藤後  廉ほか
    2.linked color imagingでの腸上皮化生診断における新たなアプローチ 小野 尚子
    3.除菌後胃がんマーカーとしての血清miRNA 合田 杏佑ほか
    4.北海道医療大学の学生を対象としたピロリ菌検診プロジェクト 工藤 俊彦ほか
   
編集主幹のオピニオン
    わが国から胃がんを撲滅するために何が必要なのか?
       ―胃炎対策基本法の制定の是非をめぐって― 浅香 正博
   
連載/Helicobacter pyloriニュース
    第91回日本胃癌学会総会(2019年2月27日~3月1日,静岡) 後藤田卓志
    日本消化器病学会総会(2019年5月9~11日,金沢) 森  英毅
    米国消化器病週間(DDW)(2019年5月18~21日,サンディエゴ) 鎌田 和浩
    第10回ピロリ菌感染を考慮した胃がん検診研究会(2019年6月9日,岡山) 角  直樹ほか
    第25回日本ヘリコバクター学会学術集会(2019年6月21~23日,愛知)
    (基礎編)  津川  仁
    (臨床編) 西澤 俊宏
     
連載/海外Helicobacter pylori疫学調査―立案,調査からデータ解析に至るまで―
   第20回 アフリカでの疫学調査―その2 コンゴ民主共和国
  山岡 吉生
   
新連載/何でも答えます! Helicobacter pylori感染症  
   No1 すでに胃がんになっている場合はHelicobacter pylori除菌の
      効果は見込まれませんか? 鎌田 智有
   No2 活動期の潰瘍患者さんにはPPIによる抗潰瘍治療と  
      Helicobacter pylori除菌どちらを先行すべきですか?  伊藤 慎芳
   No3 Helicobacter pyloriは除菌しても,井戸水を摂取することで,
      再感染することはありますか? 八尋錦之助
   
連載/最新文献紹介  
   〈基礎〉 小椋 啓司
   〈臨床〉 水野 元夫

 

前のページへ戻る