書籍のご案内

定期刊行物のご案内

その他のご案内

分子リウマチ治療 2019年8月号 (Vol.12 No.3)

分子リウマチ治療 2019年8月号 (Vol.12 No.3) 季刊

ISBN: 978-4-86550-403-3

■編集主幹
住田 孝之:筑波大学医学医療系内科(膠原病・リウマチ・アレルギー)教授
■編集幹事
木村 友厚:富山大学大学院医学薬学研究部整形外科・運動器病学教授
竹内  勤:慶応義塾大学医学部内科学教室リウマチ膠原病内科教授
山本 一彦:理化学研究所統合生命医科学研究センター副センター長

  • A4判/60頁
  • 2019年7月発行
  • 定価 2,530円(本体 2,300 円 + 税)

数量:

■特集:小児リウマチ性疾患のTransition
―小児リウマチ医が内科/整形リウマチ医に繋げたいこと

小児リウマチ性疾患の患者の多くが治療を継続しながら成人期を迎える。この移行期間の問題にわが国の難病制度が取り組み、小児慢性特定疾病治療研究事業(小慢)と難病対策事業(指定難病)の相互乗り入れが進められた。一方で対応が遅れていた医療側でも、関係諸学会においてスムーズでシームレスな移行期医療の実現に向けて活動がはじまっている。リウマチ疾患を診る医療者に是非とも踏まえておいていただきたい事項が満載である。

■特集:小児リウマチ性疾患のTransition  
―小児リウマチ医が内科/整形リウマチ医に繋げたいこと  
   若年性特発性関節炎について知っておくべきことは? 岡本 奈美
   小児全身性エリテマトーデス(SLE)  
   ―成人SLEと何が違うか? 武井 修治
   若年性皮膚筋炎:成人皮膚筋炎と何が違うのか? 竹崎俊一郎ほか
   シェーグレン症候群の病態解明には小児患者の  
   適切な診断と長期フォローが重要である   冨板美奈子
   自己炎症性疾患の現状と今後に向けた提案   西小森隆太
   小児リウマチ性疾患の移行支援の現況と課題は何か?   宮前多佳子
   
■連載 リウマチ性疾患の難治性病態の治療[第18回]  
   高齢関節リウマチ 金田村 直人
   
■連載 骨代謝・骨免疫[第21回]  
   歯周病の免疫学・骨代謝学 宇田川信之ほか
   
■連載 不明熱の原因となるリウマチ性疾患[第6回]  
   全身性エリテマトーデス 一瀬 邦弘
   
連載 免疫学のABC[第12回]  
   CD28ファミリー分子によるT細胞の活性化制御 若松  英ほか
   
Journal Club  
   ○Ectopic germinal center—like structures in minor salivary 
   gland biopsy tissue predict lymphoma occurrence in patients
   with primary Sjögren’s syndrome.
   Sjögren’s syndrome.  
   ○JAK—1 inhibition suppresses interferon—induced BAFF production  
   in human salivary gland:potential therapeutic strategy for primary  
   Sjögren’s syndrome. 小川 法良
   ○CRISPR—Cas9 targeting of MMP13 in human chondrocytes
   leads to significantly reduced levels of the metalloproteinase
   and enhanced typeⅡ collagen accumulation.
   ○Microbiota—dependent involvement of Th17 cells in murine 
   models of inflammatory arthritis. 中村  洋
   ○A randomized, controlled double—blind study comparing the  
   efficacy and safety of dose—ranging voclosporin with placebo   
   in achieving remission in patients with active lupus nephritis.  
   ○Development and validation of a renal risk score in ANCA
   —associated glomerulonephritis. 坂入  徹ほか
   ○Monoclonal antibody targeting BDCA2 ameliorates skin lesions   
   in systemic lupus erythematosus.  
   ○Beyond autoantibodies:biologic roles of human autoreactive  
   B cells in rheumatoid arthritis revealed by RNA—sequencing. 藤井 博司
   
●エッセイ『私とリウマチ学』 古川 福実

 

前のページへ戻る