書籍のご案内

定期刊行物のご案内

その他のご案内

Thrombosis Medicine 2019年6月号 (Vol.9 No.2)

Thrombosis Medicine 2019年6月号 (Vol.9 No.2)

ISBN: 978-4-86550-409-5

■編集顧問
坂田 洋一:自治医科大学医学部客員教授・名誉教授
鈴木 宏治:鈴鹿医療科学大学薬学部教授
■編集主幹
丸山 征郎:鹿児島大学大学院医歯学総合研究科システム血栓制御学講座特任教授
■編集幹事
岡本 好司:北九州市立八幡病院副院長兼消化器・肝臓病センターセンター長
丸藤  哲:札幌東徳洲会病院侵襲制御救急センター顧問兼侵襲制御救急センター長
小林 隆夫:浜松医療センター名誉院長
野村 昌作:関西医科大学副学長/内科学第一講座主任教授

関連カテゴリ

  • A4判/96頁
  • 2019年6月発行
  • 定価 2,530円(本体 2,300 円 + 税)

数量:

特集【新生児・小児の血栓症とDIC
新生児・小児科領域において血栓症やDICの迅速かつ適正な診断や治療介入は重要であるが、いまだ診断や治療の指針の確立はなされていない。加えて小児特有の凝固/抗凝固系の未熟性や基礎疾患の多様性を十分に考慮する必要性がある。そこで本特集では新生児・小児領域で遭遇する代表的な血栓性疾患を理解し、最新の知見をシェアするために企画された。新生児・小児DICの理解をさらに深め、日常診療に役立てていただきたい。

■序文 嶋  緑倫
 
特集【新生児・小児の血栓症とDIC
  小児科領域の血栓症 大賀 正一
  小児がん治療で遭遇する凝固障害 大曽根眞也
  造血幹細胞移植後の凝固障害―SOS,TMA― 坂田 尚己
  わが国で発見された新規血栓性素因 下西 成人ほか
  血栓症の凝固機能と診断 岡本 好司ほか
    ~小児がん関連の凝固障害症の研究から~ 石原  卓ほか
    新生児のDIC 茨   聡
    小児科領域のDIC 長江 千愛
   
◆連載【DICの抗凝固療法の現在】  
第3回 DPCデータから見たDIC治療とアウトカムの現状 藤森 研司
   
   
◆連載【周術期に留意すべき凝固異常】  
第7回 先天性出血性素因 ~血友病~ 長尾  梓
   
◆連載【DIC診療の新たな展開】  
第6回 産科DICにおける遺伝子組換えトロンボモジュリン製剤の
     有用性 小林 隆夫
   
◆連載【抗凝固薬とDIC】  
第1回 ガイドラインによる推奨度の相違  
            (日本,ISTH,SSCG2016) 射場 敏明
   
◆ガイドライン ここがポイント!  
   指定難病288-1:自己免疫性出血病  
     FXIII/13診療ガイド 一瀬 白帝
   
症例から学ぶ血栓症Q&A  
     急性腎盂腎炎による敗血症性ショックに対する  
     発症早期からのエンドトキシン吸着療法および  
     遺伝子組換えトロンボモジュリン製剤の使用経験 小野 貴央ほか
   
■原著  
     播種性血管内凝固症候群を合併した急性閉塞性化膿性胆管炎における
     リコンビナント・トロンボモジュリン製剤の有効性に関する検討
  甲斐沼 孟ほか
■学会レポート  
第39回国際集中救急治療シンポジウム(ISICEM2019)レポート       
          池田 寿昭

 

前のページへ戻る