書籍のご案内

定期刊行物のご案内

その他のご案内

分子リウマチ治療 2019年5月号 (Vol.12 No.2)

分子リウマチ治療 2019年5月号 (Vol.12 No.2) 季刊

ISBN: 978-4-86550-374-6

■編集主幹
住田 孝之:筑波大学医学医療系内科(膠原病・リウマチ・アレルギー)教授
■編集幹事
木村 友厚:富山大学大学院医学薬学研究部整形外科・運動器病学教授
竹内  勤:慶応義塾大学医学部内科学教室リウマチ膠原病内科教授
山本 一彦:理化学研究所統合生命医科学研究センター副センター長

  • A4判/56頁
  • 2019年4月発行
  • 定価 2,530円(本体 2,300 円 + 税)

数量:

■特集:SLEの新しい治療戦略
全身性エリテマトーデス(SLE)の治療は従来、副腎皮質ステロイドが中心であり、しばしば重篤な副作用を併発してきた。近年、治療薬の市販・開発が続々となされ、SLE治療に進歩をもたらしつつある。treat to targetも提唱されはじめ、副腎皮質ステロイドに依存しない治療戦略も検討が始まっている。本特集では、現時点でのSLE治療薬を総括し、現在開発中の薬剤による新時代の台頭に備える。

■特集:SLEの新しい治療戦略  
   ヒドロキシクロロキン 横川 直人
   ミコフェノール酸モフェチル 佐藤 太貴ほか
   シクロホスファミド,アザチオプリン 小神 昌寛ほか
   タクロリムス 花岡 洋成ほか
   ベリムマブ 中山田真吾ほか
   リツキシマブ   齋藤 和義ほか
   
■連載 骨代謝・骨免疫[第20回]  
   糖尿病と骨代謝 金沢 一平ほか
   
連載 リウマチ性疾患の難治性病態の治療[第17回]  
   再発性多発軟骨炎 鈴木  登
   
■連載 免疫学のABC[第11回]  
   自然免疫を活性化する受容体とそのリガンド 星野 克明
   
連載 不明熱の原因となるリウマチ性疾患[第5回]  
   成人スチル病 和田  琢ほか
   
Journal Club  
   ○Platelet‒RBC interaction mediated by FasL/FasR induces procoagulant
   activity important for thrombosis.
   ○JAK2‒V617F promotes venous thrombosis through β1/β2 integrin
    activation. 廣畑 俊成
   ○Adipose tissue macrophages in rheumatoid arthritis:prevalence,
   disease‒related indicators, and associations with cardiometabolic risk factors.
   ○The antiretroviral agent nelfinavir mesylate:a potential therapy
   for systemic sclerosis.  藏本 伸生ほか
   ○Comparison of individually tailored versus fixed‒schedule rituximab
   regimen to maintain ANCA‒associated vasculitis remission:results of a multicentre,
   randomised controlled, phase Ⅲ trial(MAINRITSAN2).  
   ○Circulating cytokine profiles and antineutrophil cytoplasmic  
   antibody specificity in patients with antineutrophil cytoplasmic  
   antibody‒associated vasculitis.  佐藤 健夫
   ○Association between reappearance of myeloperoxidase‒antineutrophil cytoplasmic
   antibody‒associated vasculitis. subgroup analysis 
   of nationwide prospective cohort studies.
   ○CCL21 as a potential serum biomarker for pulmonary arterial   
   hypertension in systemic sclerosis.   吉田 俊治
   
●エッセイ『私とリウマチ学』 織部 元廣

 

前のページへ戻る