書籍のご案内

定期刊行物のご案内

その他のご案内

IBD Research 2019年3月号 (Vol.13 No.1)

IBD Research 2019年3月号 (Vol.13 No.1)

ISBN: 978-4-86550-390-6

■編集主幹
日比 紀文:北里大学北里研究所病院炎症性腸疾患先進治療センターセンター長
■編集幹事
鈴木 康夫:東邦大学医療センター佐倉病院IBDセンターセンター長
松井 敏幸:福岡大学名誉教授/福岡大学筑紫病院消化器内科客員教授
渡辺  守:東京医科歯科大学消化器内科教授

関連カテゴリ

  • A4判/64頁
  • 2019年3月発行
  • 定価 2,160円(本体 2,000 円 + 税)

数量:

■特集:実践!IBDのImaging Modalityを網羅する
IBDの画像診断法はかつてバリウムX線と通常内視鏡のみであった時代からテクノロジーの進歩により多様なModalityが用いられるようになった
IBDの治療法の進歩ともリンクし多岐多用な目的で用いられ診療に活かされている本特集ではIBDに対する各種Imaging Modalityを包括的に網羅し、 各領域のKey Opinion Leaderが最新の知見から解説消化器内視鏡領域に携わる医師・医療スタッフが是非とも知っておくべき情報が満載。

■特集:実践!IBDのImaging Modalityを網羅する
   序 緒方 晴彦
 T2T戦略における内視鏡による病勢評価の重要性 久松 理一
 色素拡大内視鏡  
  ―潰瘍性大腸炎の重症度判定と腫瘍性病変診断の点から― 松本 主之ほか
 IBDにおけるカプセル内視鏡による炎症の評価 細江 直樹ほか
 バルーン小腸内視鏡によるクローン病小腸病変の  
  診断・モニタリング・治療 遠藤 克哉ほか
 IBDのバリウムX線造影検査のImaging Modalityの  
  なかでの位置づけを考える 大井 秀久ほか
 クローン病におけるCross‒Sectional Imaging 竹中 健人ほか
   
■連載  
   トピックスワールドコングレスレポート  
   IBDのセッションを中心に  
   Advances in Inflammatory Bowel Diseases(AIBD)2018  
   2018年12月13~15日,フロリダ(米国) 吉松 裕介
   
診断講座  症例から学ぶIBD鑑別診断のコツ  
   第41回 原発性免疫不全症に伴うIBD様腸炎 白石  暁ほか
   
講座  IBD治療のピットフォール  
   第21回 IBD患者における血栓症の予防,スクリーニング,対処法 安藤 勝祥ほか
   
文献紹介  IBD注目のKey論文  
 49 食餌性および微生物由来オキサゾールはアリール炭化水素受容体(AhR)
 応答を調節することにより腸炎を誘発する 松島加代子ほか
 Iyer SS et al, Cell 173:1123−1134, e11, 2018  
   50 サーベイランス大腸内視鏡検査での連続した陰性所見は
   長期罹患IBD患者における進行癌発生低リスクの予測因子となる:  
 3ヵ国,多施設での15年間のコホート研究より
 Ten Hove JR et al, Gut 0:1−8, 2018 上野 義隆ほか
   51 生物学的療法を受けているIBDの女性が母乳育児をおこなった際の
 乳児の曝露濃度と感染症と発育に対する影響
 Matro R et al, Gastroenterology 155:696−704, 2018 長田 太郎
 52 クローン病は小腸上皮の微絨毛に異常がある  
 VanDussen KL et al, Gastroenterology 155:815−828, 2018 鎌田 紀子
   

 

前のページへ戻る