書籍のご案内

定期刊行物のご案内

その他のご案内

分子リウマチ治療 2019年2月号 (Vol.12 No.1)

分子リウマチ治療 2019年2月号 (Vol.12 No.1)

ISBN: 978-4-86550-363-0

■編集主幹
住田 孝之:筑波大学医学医療系内科(膠原病・リウマチ・アレルギー)教授
■編集幹事
木村 友厚:富山大学大学院医学薬学研究部整形外科・運動器病学教授
竹内  勤:慶応義塾大学医学部内科学教室リウマチ膠原病内科教授
山本 一彦:理化学研究所統合生命医科学研究センター副センター長

  • A4判/58頁
  • 2019年1月発行
  • 定価 2,484円(本体 2,300 円 + 税)

数量:

■特集:自己炎症性疾患における最近の展開
自己炎症性疾患は、自然免疫系の機能異常に起因すると考えられる反復する炎症を特徴とする疾患で、第4の不明熱として注目されている。近年新しい疾患、責任遺伝子が見出され、生物学的製剤が有効である症例も見出され、治療に関する知見も増えてきた。わが国では2017年に主要な6疾患に対して診療ガイドラインが作成された。自己炎症疾患の病態,診断、治療に関する最新の話題を総括するとともに希少難治性疾患の研究状況、実際の診療に役立つ情報も紹介。

■特集:自己炎症性疾患における最近の展開  
   希少難治性疾患研究の将来展望 齋藤  潤
   自己炎症性疾患の診療ガイドライン 井澤 和司ほか
   自己炎症性疾患:小児科からのアプローチ 大西 秀典
   自己炎症性疾患:内科からのアプローチ 古賀 智裕ほか
   生物学的製剤を用いた自己炎症性疾患の治療 右田 清志ほか
   診断がむずかしい症例への対応   藤本 京子ほか
   
■連載 骨代謝・骨免疫[第19回]  
   ステロイド性骨粗鬆症のメカニズム 田中 良哉
   
■連載 免疫学のABC[第10回]  
   リンパ球抗原受容体の構成 清水 正樹
   
連載 不明熱の原因となるリウマチ性疾患[第4回]  
   巨細胞性動脈炎とリウマチ性多発筋痛症 杉原 毅彦
   
■連載 リウマチ性疾患の難治性病態の治療[第16回]  
   脊椎関節炎 山村 昌弘
   
Journal Club  
   ○From childhood to adulthood:Disease activity trajectories 
   in childhood‒onset systemic lupus erythematosus.
   ○Early self‒reported pain in juvenile idiopathic arthritis(JIA)is 
    related to long‒term outcomes. Results from the Nordic JIA
   Cohort Study. 武井 修治
   ○Intermittent glucocorticoid steroid dosing enhances muscle
   repair without eliciting muscle atrophy.
   ○Autoimmune Th17 cells induced synovial stromal and innate
   lymphoid cell secretion of the cytokine GM‒CSF to initiate
   and augment autoimmune arthritis. 田中 廣壽
   ○Association of statin exposure with histologically confirmed
  idiopathic inflammatory myositis in an Australian population.
   ○Lupus‒an unrecognized leading cause of death in young f­e­m­a  
   le­s:a population‒based study using nationwide death  
   certificates, 2000‒2015. 寺井 千尋
   ○Rheumatic immune-related adverse events in patients on  
   anti-PD-1 inhibitors:Fasciitis with myositis syndrome as a new
   complication of immunotherapy.
   ○Anti-3-Hydroxy-3-Methylglutaryl-Coenzyme A Reductase 
   Autoantibodies are Associated with DRB1*07:01 and Severe   
   Myositis in Pediatric Myositis Patients. 平形 道人
   
●エッセイ『私とリウマチ学』 岡田  純

 

前のページへ戻る