書籍のご案内

定期刊行物のご案内

その他のご案内

分子リウマチ治療 2018年11月号 (Vol.11 No.4)

分子リウマチ治療 2018年11月号 (Vol.11 No.4)

ISBN: 978-4-86550-355-5

■編集主幹
住田 孝之:筑波大学医学医療系内科(膠原病・リウマチ・アレルギー)教授
■編集幹事
木村 友厚:富山大学大学院医学薬学研究部整形外科・運動器病学教授
竹内  勤:慶応義塾大学医学部内科学教室リウマチ膠原病内科教授
山本 一彦:理化学研究所統合生命医科学研究センター副センター長

  • A4判/60頁
  • 2018年10月発行
  • 定価 2,530円(本体 2,300 円 + 税)

数量:

■特集:関節リウマチと骨粗鬆症 今後の展開
高齢化社会を迎え関節リウマチ患者(RA)も高齢化をきたしている。またRAの発症年齢も高齢化し、高齢発症したRAは通常よりも早期に重度化するとされる。高齢化に加え,薬物療法のステロイドの影響、さらにRA自体の合併症として骨粗鬆症リスクが高まり、全身的な骨粗鬆症の検査・治療も重要となる。本号ではRAと骨粗鬆症の病態、評価、治療戦略を多角的に解説。RA診療に欠かせない情報を集約している。

■特集:既存の生物学的製剤を総括する  
   節リウマチ治療のパラダイムシフトと  
      骨粗鬆症の現状 古谷 武文
   関節リウマチにおける骨障害と骨粗鬆症の病態 田中 良哉
   関節リウマチと骨障害・骨粗鬆症に対する  
      バイオマーカー 河野 通大ほか
   関節リウマチに伴う骨粗鬆症と    
      生物学的製剤の影響 大野久美子ほか
   関節リウマチに伴う骨粗鬆症に対する治療戦略 蛯名 耕介
   関節リウマチと骨粗鬆症の画像評価 馬渡 太郎
   
連載 不明熱の原因となるリウマチ性疾患[第3回]  
   高安動脈炎 吉藤  元
   
■連載 骨代謝・骨免疫[第18回]  
   骨・筋関連 笹子 敬洋ほか
   
■連載 リウマチ性疾患の難治性病態の治療[第15回]  
 自己炎症性疾患の治療 井田 弘明
   
■連載 免疫学のABC[第9回]  
   補体の活性化とその制御 井上 徳光
   
Journal Club  
   ○Neuropsychiatric lupus or not? Cerebral hypoperfusion by
   perfusion‒weighted MRI in normal-appearing white matter in
   primary neuropsychiatric lupus erythematosus.
   ○Are prematurity and environmental factors determinants for
   developing childhood-onset systemic lupus erythematosus? 渥美 達也
   ○Conversion to seronegative status after abatacept treatment
   in patients with early and poor prognostic rheumatoid arthritis
   is associated with better radiographic outcomes and sustained  
   remission:post hoc analysis of the AGREE study.  
   ○Risk of preterm delivery and small‒for‒gestational‒ age births in
   women with autoimmune disease using biologics before or
   during pregnancy:a population‒ based cohort study. 川上  純
   ○Methotrexate limits inflammation through an A20‒dependent
   cross‒tolerance mechanism.
   meta‒analysis.  
   ○Impaired TLR9 responses in B cells from patients with systemic  
   lupus erythematosus. 佐藤由紀夫
   ○Rheumatic disorders associated with immune checkpoint inhibitors  
   in patients with cancer‒clinical aspects and relationship  
   with tumour response:a single‒centre prospective cohort study.
   ○Recurrent serious infections in patients with rheumatoid  
   rthritis‒results from the British Society for Rheumatology Biologics   
   Register. 佐々木 翔
   
●エッセイ『私とリウマチ学』 石ヶ坪良明

 

前のページへ戻る