書籍のご案内

定期刊行物のご案内

その他のご案内

分子精神医学 2018年10月号 (Vol.18 No.4)

分子精神医学 2018年10月号 (Vol.18 No.4)

ISBN: 978-4-86550-361-6

■編集顧問
樋口 輝彦:国立精神・神経医療研究センター名誉理事長/一般社団法人 日本うつ病センター(JDC)理事長
■編集幹事
岩田 仲生:藤田医科大学医学部精神神経科学講座教授
加藤 忠史:理化学研究所・脳神経科学研究センター精神疾患動態研究チームチームリーダー
神庭 重信:九州大学大学院医学研究院精神病態医学分野教教授
染矢 俊幸:新潟大学大学院医歯学総合研究科精神医学分野教授
山脇 成人:広島大学大学院医歯薬保健学研究科特任教授

関連カテゴリ

  • A4判/58頁
  • 2018年10月発行
  • 定価 2,530円(本体 2,300 円 + 税)

数量:

■特集 睡眠医科学
睡眠不足は社会に大きな影響を与え、人々の睡眠への関心が高まっている。また、光遺伝学や化学遺伝学などの技術が進展し、睡眠覚醒制御に関する神経回路が次々と同定されており、睡眠・覚醒は現在、特に注目を集めている研究分野である。本特集では、睡眠覚醒研究に関する最先端について、各分野のエキスパートの先生方にご執筆いただいた。

■特集 睡眠医科学
 特集に寄せて 櫻井  武
 睡眠におけるsharp wave rippleの役割 乘本 裕明ほか
 睡眠のフォワード・ジェネティクス 船戸 弘正
 睡眠覚醒のスイッチングに関わる神経機構 征矢 晋吾
 リズム障害の遺伝学 平野 有沙
 ナルコレプシーの病態:オレキシンニューロンの下流で
  ナルコレプシー症状抑制に関与している神経経路の探索 長谷川恵美
 レム睡眠行動障害(RBD)のしくみ 本堂 茉莉ほか
   
■連載 第24回  注目の研究者  
 森島陽介 西田圭一郎
   
■連載 第64回  精神科領域の用語解説  
 メラトニン 三島 和夫
 海馬シータ波 高野 裕治
   
■連載 第43回  注目の遺伝子  
 SAMD12,TNRC6A,RAPGEF2 石浦 浩之ほか
   
■私の研究紹介  
 ストレスと炎症 岩田 正明

 

前のページへ戻る