書籍のご案内

定期刊行物のご案内

その他のご案内

分子リウマチ治療 2018年8月号 (Vol.11 No.3)

分子リウマチ治療 2018年8月号 (Vol.11 No.3)

ISBN: 978-4-86550-319-7

■編集主幹
住田 孝之:筑波大学医学医療系内科(膠原病・リウマチ・アレルギー)教授
■編集幹事
木村 友厚:富山大学大学院医学薬学研究部整形外科・膠原病・運動器病学教授
竹内  勤:慶応義塾大学医学部内科学教室リウマチ内科教授
山本 一彦:理化学研究所統合生命医科学研究センター副センター長

  • A4判/56頁
  • 2018年7月発行
  • 定価 2,530円(本体 2,300 円 + 税)

数量:

■特集:既存の生物学的製剤を総括する
関節リウマチ治療において、分子生物学的製剤が導入された結果、治療にパラダイムシフトがもたらされ、すべての患者が寛解が治療目標となった。またバイオフリー寛解も現実味を帯びてきている。一方で次の治療変革をもたらす薬剤も現れている。わが国で、分子生物学的製剤が導入されて15年を迎えた今、これらの薬剤を検証・総括し、安全性と有効性のより高い治療を目指し次の発展につなげる必要がある。本特集を明日からの臨床にお役立ていただきたい。

■特集:既存の生物学的製剤を総括する  
   インフリキシマブ 金子 祐子ほか
   エタネルセプト 堤野 みちほか
   アダリムマブ 平田信太郎ほか
   ゴリムマブ 木本 泰孝ほか
   セルトリズマブ ペゴル 宮﨑 佑介ほか
   トシリズマブ   緒方  篤
 アバタセプトの最近の考え方 山本 一彦
   
連載 骨代謝・骨免疫[第17回]  
   生体骨組織イメージング 菊田 順一ほか
   
■連載 免疫学のABC[第8回]  
   顆粒球の作用と役割 三宅 健介
   
■連載 リウマチ性疾患の難治性病態の治療[第14回]  
 線維筋痛症 正木 康史ほか
   
■連載 不明熱の原因となるリウマチ性疾患[第2回]  
   ANCA関連血管炎・結節性多発動脈炎 長坂 憲治
   
Journal Club  
   ○Optimizing treatment with tumour necrosis factor inhibitors in
    rheumatoid arthritis‒a proof of principle and exploratory trial:is
    dose tapering practical in good responders?
   ○Safety, tolerability, and pharmacodynamics of ABT‒122, a tumor
    necrosis factor‒ and interleukin‒17‒targeted dual variable
    domain immunoglobulin, in patients with rheumatoid arthritis. 石黒 直樹
   ○Identification of definitive serum biomarkers associated with
 disease activity in primary Sjögren’s syndrome.
    ○Disruption of CXCR3 function impedes the development of  
    Sjögren’s syndrome‒like xerostomia in non‒obese diabetic mice. 小川 法良
    ○Neuropsychiatric lupus or not? Cerebral hypoperfusion by
    perfusion‒weighted MRI in normal‒appearing white matter in primary 
    neuropsychiatric lupus erythematosus.  
    ○Metabolic and cardiovascular benefits of hydroxychloroquine in
    patients with rheumatoid arthritis:a systematic review and 
 meta‒analysis. 佐藤 洋志
   
●エッセイ『私とリウマチ学』 井上  一

 

前のページへ戻る