書籍のご案内

定期刊行物のご案内

その他のご案内

ねむりとマネージメント2018年3月号 (Vol.5 No.1)

ねむりとマネージメント2018年3月号 (Vol.5 No.1)

ISBN: 978-4-86550-327-2

■編集顧問
大川 匡子::精神・神経科学振興財団理事/医療法人社団絹和会 睡眠総合ケアクリニック代々木理事
太田 龍朗:名古屋大学名誉教授/名古屋第一赤十字病院診療相談センター長
菱川 泰夫:秋田大学名誉教授/秋田回生会病院院長
村崎 光邦:CNS薬理研究所所長/北里大学名誉教授
■編集幹事
内山   真:日本大学医学部精神医学系教授
清水 徹男:秋田大学大学院医学系研究科病態制御医学系精神科学講座教授
平田 幸一:獨協医科大学病院院長/獨協医科大学神経内科教授
稲葉 雅章:大阪市立大学大学院医学研究科代謝内分泌病態内科教授

  • A4判/64頁
  • 2018年3月発行
  • 定価 2,200円(本体 2,000 円 + 税)

数量:

■特集:生活習慣病および身体疾患と睡眠
身体疾患や生活習慣病を抱える患者では、不眠が高率にみられる。また、不眠そのものが身体疾患や生活習慣病の誘因あるいは増悪因子であることもあり、その関係は複雑である。これらを伴う不眠に対しては、ただ睡眠薬を処方するだけではなく、症状に対する適切な治療が求められる。そこで本特集では各身体疾患・生活習慣病と不眠の関連について、ご専門の先生方にご解説いただいた。

■特集 生活習慣病および身体疾患と睡眠  
  不眠と身体疾患 内山  真ほか
  糖尿病と不眠 内村 直尚
  CKD と不眠 篠邉龍二郎ほか
  疲労と睡眠障害に伴う健康障害 角谷  学ほか
  骨粗鬆症と不眠 栗山 長門ほか
  COPD と不眠 陳  和夫
   
   
■連載 わたしのカルテから 第8回  
  睡眠てんかん学(Sleep Epileptology)の重要性 千葉  茂ほか
  ナルコレプシーの典型例と非典型例 粥川 裕平ほか
   
  臨床医が実践できる診療ワンポイント 第8回  
  過眠症の鑑別 鈴木 圭輔ほか
  市販の睡眠改善薬の役割 佐藤 萌子ほか
   
  TOPICS 第8回  
  睡眠時ブラキシズム 加藤 隆史
  GABAA 受容体αサブユニット機能からみた睡眠薬の作用特性 大熊 誠太郎

 

前のページへ戻る