書籍のご案内

定期刊行物のご案内

その他のご案内

分子脳血管病 2018年1月号 (Vol.17 No.1)

分子脳血管病 2018年1月号 (Vol.17 No.1)

ISBN: 978-4-86550-313-5

■編集主幹
内山真一郎:国際医療福祉大学教授,山王病院・山王メディカルセンター脳血管センター長
■編集幹事
阿部 康二:岡山大学大学院医歯薬学総合研究科脳神経内科学教授
北川 一夫:東京女子医科大学医学部神経内科学主任教授・講座主任
塩川 芳昭:杏林大学医学部脳神経外科主任教授,副院長
鈴木 倫保:山口大学大学院医学系研究科脳神経外科教授
松本 昌泰:JCHO星ヶ丘医療センター病院長

関連カテゴリ

  • A4判/104頁
  • 2018年1月発行
  • 定価 2,310円(本体 2,100 円 + 税)

数量:

■特集Ⅰ血行再建療法時代の脳保護療法と再生医療
■特集Ⅱtelemedicineとtelestroke
特集Ⅰでは、血行再建療法が発展を遂げた現在において、注目を集めている脳保護療法、再生医療について取り上げた。
特集Ⅱでは、telemedicine(遠隔医療)、telestrokeについて、わが国における現状から役割、展望までを取り上げた。
 
座談会 脳卒中研究・臨床におけるトピックス 2018  
内山真一郎/北川一夫/阿部康二/鈴木倫保/塩川芳昭/松本昌泰
   
特集Ⅰ 血行再建療法時代の脳保護療法と再生医療  
 序 北川 一夫
 脳梗塞に対する細胞治療の現状 黒田  敏
   脳保護薬開発を目指したトランスレーショルリサーチ 下畑 享良
 脳虚血病態におけるペリサイトの役割 吾郷 哲朗
 虚血誘導性多能性幹細胞とその臨床応用への展開 松山 知弘ほか
 遠隔虚血負荷を用いた脳側副血行発達促進手段の開発 北川 一夫
   
特集Ⅱ telemedicineとtelestroke  
   序 鈴木 倫保
   遠隔医療概説 東福寺幾夫
   遠隔医療の政策動向 長谷川高志
   システム① SYNAPSE ZERO 梅田 知昭
   システム② 医療関係者間コミュニケーションアプリ Join 坂野 哲平
   救急医療における遠隔医療の役割 郡  隆之
   Telestroke 石原 秀行ほか
   
■連載 脳血管障害の基礎知識〜脳卒中専門医に知っておいてほしいキーワード〜
 <内科系>【第13回】  
 Arterial spin‒labeling MRIの臨床応用 岡﨑 周平
 <外科系>【第13回】  
 頭蓋内内頸動脈系の動脈解離 遠藤 英徳ほか
      
■脳卒中専門医のための画像診断 【第5回】
 頭蓋内血管壁イメージング 五明 美穂ほか
      
■血管内治療・デバイス総覧 【第7回】
 Mo. Ma Ultra 江頭 裕介
   
●【海外論文紹介】【Top Journal Up To Date】  
 Ischemic coreにおける神経細胞と血管内皮細胞の長期生存と再生
  福島 雄大
 抗血小板薬の長期内服患者における年齢別の出血リスクと転帰 作田 健一ほか
   
●脳卒中専門医のためのリハビリテーション【第7回】  
 脳卒中リハビリテーションに有用な脳画像診断 服部 憲明
   
●忘れられないあの一例【第20回】  
 内頸動脈解離の一例 中西 泰之ほか
      
脳卒中救急現場からのレポート【第1回】  
 急性期虚血性脳血管障害の集約的治療を目標とする‒包括的脳卒中センター
    Comprehensive Stroke Center‒をめざして 当院脳卒中センターの紹介
  池野 幸一ほか
   
特別寄稿 橋本 信夫

 

前のページへ戻る