書籍のご案内

定期刊行物のご案内

その他のご案内

Keynote R・A 2017年12月号 (Vol.5 No.3)

Keynote R・A 2017年12月号 (Vol.5 No.3)

ISBN: 978-4-86550-237-4

■編集委員
石黒直樹:名古屋大学大学院医学系研究科運動・形態外科学
竹内 勤:慶應義塾大学医学部リウマチ内科
針谷正祥:東京女子医科大学附属膠原病リウマチ痛風センターリウマチ性疾患薬剤疫学研究部門
松本 功:筑波大学医学医療系内科 膠原病・リウマチ・アレルギー
山村 隆:国立精神・神経医療研究センター神経研究所

関連カテゴリ

  • A4判/64頁
  • 2017年12月発行
  • 定価 2,530円(本体 2,300 円 + 税)

数量:

■特集:免疫チェックポイント阻害薬:免疫学から理解する副作用
近年、がんの新しい治療薬として注目を浴びている免疫チェックポイント阻害薬は、その作用機序から免疫関連有害事象(irAE)という副作用が問題となる。本特集では、その作用機序と免疫からの考察に加え、各病態についても解説を頂いた。irAEの特徴を理解し、臨床に役立てて頂きたい。

■特集 免疫チェックポイント阻害薬:免疫学から理解する副作用
 Keynote Lecture第16回    監修:山村 隆
   免疫関連有害事象(irAE)の仕組みと臨床像 門野岳史
 基礎免疫からの考察   一色琢磨ほか
 臨床各論  
    免疫チェックポイント阻害薬による内分泌副作用   岩間信太郎ほか
     1型糖尿病 大橋 健
    重症筋無力症・筋炎(Neuromuscular complications after the treatment
    with immune checkpoint inhibitors) 鈴木重明
     皮膚症状とIL-6 沖山奈緒子
   
●連載  
  IL-6から見える景色 第16回  
    疾患編⑩ IL-6とうつ病 吉村玲児
   
  Highlight Series  
  Clinical Highlight 第16回 石黒直樹
    Basic Highlight 第15回 藤尾圭志
   
  わが街紹介 第16回  
    広島はとにかくカープ熱がすごい! 松山幸弘
   
  リウマチ医が知るべき「運動器の知識」講座 応用編 第7回  
  リウマチ性難治性破壊性頸椎病変への対応  西田周泰ほか
   
  リウマチ・膠原病診療に必要な他科の知識と診療のコツ 第7回  
    アレルギー性鼻炎の最新治療(舌下免疫療法を中心に) 増山敬祐
   
  Q&A 読者の疑問にお答えします 第9回  
  IL-6受容体抗体とIL-6リガンド抗体の違いは何ですか?
  針谷正祥

 

前のページへ戻る