書籍のご案内

定期刊行物のご案内

その他のご案内

血圧 2017年11月号 (Vol.24 No.11)

血圧 2017年11月号 (Vol.24 No.11)

ISBN: 978-4-86550-298-5

■編集主幹
荻原 俊男:森ノ宮医療大学学長/大阪大学名誉教授
■編集幹事
松岡 博昭:全仁会宇都宮中央病院院長/獨協医科大学名誉教授
島田 和幸:地方独立行政法人新小山市民病院理事長・病院長
島本 和明:日本医療大学総長/札幌医科大学名誉教授
楽木 宏実:大阪大学老年・総合内科学教授
■編集顧問
日和田邦男:愛媛大学名誉教授

関連カテゴリ

  • A4判/70頁
  • 2017年11月発行
  • 定価 2,200円(本体 2,000 円 + 税)

数量:

特集:低血圧の診断と治療
低血圧は高血圧に比べると病態や治療に対する情報が少ない低血圧が生命予後に与える影響をみた大規模なコホート研究も少ない低血圧の原因は自律神経異常による起立性低血圧食後性低血圧反射性失神や薬剤性低血圧がありめまい、ふらつきなど患者のQOLは著しく障害されるまた重篤な疾患が隠れていることもある.本特集では未だ解明されていない低血圧の病態診断治療について第一線の専門家に執筆いただいた。

■InformationUp-to-Date  
 透析患者の高血圧管理に関する指針 猪阪 善隆
 わが国における降圧利尿薬の使用状況 土橋 卓也ほか
 家庭血圧,外来血圧と左室肥大の縦断的関連:  
    the Finn‒Home study 田辺杏由美ほか
   降圧薬併用療法―降圧目標達成度による解析‒COPE trial 梅本 誠治
 ペットと高齢高血圧患者の予後 長尾 知明ほか
   治療中の高血圧患者における家庭血圧の季節変動  
    ―HOMED‒BP研究 花澤 智大ほか
 家庭血圧の変動性と予後:IDHOCO 浅山  敬
   CKD合併高血圧におけるRA系阻害薬の効果 石上 友章
   
特集 低血圧の診断と治療
   低血圧の総論(診断と治療) 田村 直俊
   二次性低血圧  
     1)糖尿病性 波多野雅子ほか
     2)内分泌性 森本  聡ほか
     3)心原性 加藤  徹ほか
     4)腎性 浜崎 敬文
     5)薬剤性低血圧―高血圧治療に伴う低血圧・日常診療で  
         起こりうる薬剤性低血圧― 成田 圭佑ほか
      6)母体低血圧 松田 祐典
   
症例報告  
 転移性腎細胞癌に対するスニチニブ投与中に
      急性大動脈解離を生じた1例:長期間にわたる家庭血圧記録の検討
      青柳いくみほか
調査報告  
   女子高校生の食塩摂取意識と食塩摂取状況との関連 小山 達也
   
●連載 私と高血圧 林  松彦
   
●連載 町のお医者さん  
 いなりば内科クリニック(大阪府) 稲荷場ひろみ
   
●研究室紹介  
 獨協医科大学 医学部 公衆衛生学講座 小橋  元

 

前のページへ戻る