書籍のご案内

定期刊行物のご案内

その他のご案内

分子リウマチ治療 2018年2月号 (Vol.11 No.1)

分子リウマチ治療 2018年2月号 (Vol.11 No.1)

ISBN: 978-4-86550-311-1

■編集主幹
住田 孝之:筑波大学医学医療系内科(膠原病・リウマチ・アレルギー)教授
■編集幹事
木村 友厚:富山大学大学院医学薬学研究部整形外科・膠原病・運動器病学教授
竹内  勤:慶応義塾大学医学部内科学教室リウマチ内科教授
山本 一彦:理化学研究所統合生命医科学研究センター副センター長

  • A4判/52頁
  • 2018年1月発行
  • 定価 2,530円(本体 2,300 円 + 税)

数量:

■特集:リウマチ・膠原病の画像診断の進歩
画像診断は、病態を可視化することにより、問診・診察・検体検査では得られない情報をもたらす強力なツールである近年、画像診断の進歩により、現行の炎症そのものを捉えることが可能となった。本特集では、実診療ですでに汎用されている超音波検査・MRI、FDG-PET/CT、生体イメージングにつき、第一線の専門家が解説。進歩した画像診断の現状と可能性に触れ実診療ならびに研究に活用していただきたい。

■特集:リウマチ・膠原病の画像診断の進歩  
   リウマチ・膠原病診療においてFDG‒PET/CT検査は  
      どこまで有用か? 山下裕之
   全身性エリテマトーデスの関節炎を画像で診る 小倉剛久
   超音波検査による関節リウマチの活動性評価:  
      どの関節を評価すべきか? 吉見竜介
   脊椎関節炎における体軸関節の病態に画像診断で迫る   田村直人ほか
 全身MRIによる関節リウマチの評価 神島 保
 生体イメージングで関節リウマチの病態を可視化する 菊田順一ほか
   
   
■連載 骨代謝・骨免疫[第15回]  
   骨細胞:骨代謝の司令塔 権藤 理夢ほか
   
■連載 疾患からみた細胞表面機能分子[第15回]  
 STEAP4と関節リウマチ 江辺 広志ほか
   
■連載 リウマチ性疾患の難治性病態の治療[第12回]  
 シェーグレン症候群にともなう神経障害 木村 暁夫
   
■連載 免疫学のABC[第6回]  
   自然リンパ球の種類と役割 千葉 麻子
   
Journal Club  
   ○Romosozumab(sclerostin monoclonal antibody)versus teriparatide
   in postmenopausal women with osteoporosis transitioning
   from oral bisphosphonate therapy:a randomised, open—label, 
   phase 3 trial.  
   ○Local clearance of senescent cells attenuates the development
 of post‒traumatic osteoarthritis and creates a pro‒regenerative
   environment. 中村  洋
   ○Anifrolumab, an Anti‒Interferon‒α Receptor Monoclonal Antibody,
   in Moderate‒to‒Severe Systemic Lupus Erythematosus.  
   ○Randomized Trial of C5a Receptor Inhibitor Avacopan in ANCA‒
   Associated Vasculitis. 廣村 桂樹
   ○Atorvastatin‒induced necrotizing autoimmune myositis:  
   An emerging dominant entity in patients with autoimmune myositis presenting 
   with a pure polymyositis phenotype.  
   ○Thigh muscle MRI in immune‒mediated necrotizing myopathy:
   extensive oedema, early muscle damage and role of anti‒SRP
 autoantibodies as a marker of severity. 平形 道人
   ○Herpes Zoster and Tofacitinib:Clinical Outcomes and the Risk
 of Concomitant Therapy.  
   ○The Safety and Immunogenicity of Live Zoster Vaccination in
   Patients With Rheumatoid Arthritis Before Starting Tofacitinib:
   A Randomized Phase Ⅱ Trial. 永井 立夫
   
●エッセイ『私とリウマチ学』 高林克日己

 

前のページへ戻る