書籍のご案内

定期刊行物のご案内

その他のご案内

尿酸と血糖 2017年10月号 (Vol.3 No.4)

尿酸と血糖 2017年10月号 (Vol.3 No.4)

ISBN: 978-4-86550-293-0

■編集主幹
細谷 龍男:東京慈恵会医科大学名誉教授、同慢性腎臓病病態治療学教授
■編集幹事
下村伊一郎:大阪大学大学院医学系研究科内分泌・代謝内科学教授
野出 孝一:佐賀大学医学部循環器内科教授
久留 一郎:鳥取大学大学院医学系研究科機能再生医科学専攻遺伝子再生医療学講座再生医療学分野教授
和田 隆志:金沢大学大学院医薬保健学総合研究科腎臓内科学教授

関連カテゴリ

  • A4判/56頁
  • 2017年10月発行
  • 定価 2,530円(本体 2,300 円 + 税)

数量:

個別の生活習慣と尿酸代謝・糖代謝
糖代謝、尿酸代謝ともに生活習慣の影響を受けることはよく知られている。たとえば,カロリーの過剰摂取や運動不足による肥満は糖代謝異常や高尿酸血症を引き起こし、過剰な飲酒は痛風発作のリスクとなる。本特集では「個別の生活習慣と尿酸代謝、糖代謝」と題し、食事・飲酒・運動・睡眠・ストレス・喫煙といった生活習慣と尿酸代謝、糖代謝との関連およびメカニズムについて、それぞれエキスパートにご解説いただいた。本特集が生活習慣と糖・尿酸代謝についての理解に役立てれば幸いである。

特集■個別の生活習慣と尿酸代謝・糖代謝  
  序 森脇 優司
  食習慣と尿酸代謝・糖代謝 金子希代子
    飲酒と尿酸代謝・糖代謝 藏城 雅文
    運動と尿酸代謝・糖代謝 斉藤 篤司
  睡眠と尿酸代謝・糖代謝 岡内 幸義ほか
    尿酸とストレス 市田 公美
    喫煙習慣と尿酸代謝 冨田真佐子ほか
     
■ 連載  
  医療と科学の最前線  
  第3 回  日本赤十字社松江赤十字病院
             糖尿病・内分泌内科 糖尿病教育チーム  
   
  忙しい人のための抄読会  
  第16 回   高尿酸血症は腎上皮型 Na イオンチャネル
         (ENaC)の活性化により高血圧を誘導する 若新 英史ほか
   
  トランスレーショナルリサーチへの誘い  
  第10 回 遺伝子改変動物の作成法     石原 仁毅ほか
   
  Basic & Clinical Q & A  
  Q26 尿酸に有益な作用はあるのでしょうか? 箱田 雅之
  Q27  高血圧治療における尿酸の重要性について  
            教えてください 浜田 紀宏
   
  尿酸と血糖のマエストロ  
  有機酸関連の研究と今後の発展 第3回  
  有機アニオン輸送研究の将来展望 遠藤  仁

 

前のページへ戻る