書籍のご案内

定期刊行物のご案内

その他のご案内

血圧 2017年10月号 (Vol.24 No.10)

血圧 2017年10月号 (Vol.24 No.10)

ISBN: 978-4-86550-291-6

■編集主幹
荻原 俊男:森ノ宮医療大学学長/大阪大学名誉教授
■編集幹事
松岡 博昭:全仁会宇都宮中央病院院長/獨協医科大学名誉教授
島田 和幸:地方独立行政法人新小山市民病院理事長・病院長
島本 和明:日本医療大学総長/札幌医科大学名誉教授
楽木 宏実:大阪大学老年・総合内科学教授
■編集顧問
日和田邦男:愛媛大学名誉教授

関連カテゴリ

  • A4判/76頁
  • 2017年10月発行
  • 定価 2,200円(本体 2,000 円 + 税)

数量:

■特集:高血圧診療のために押さえておきたい他学会ガイドライン
日常診療において、診療ガイドラインに準拠した標準診療の遵守と
患者毎の固有事情を斟酌した個別化対応が重要であることは言を待たない高血圧は最も高頻度に遭遇する疾患であり、高血圧治療ガイドラインの内容はなお一層広く普及される必要があろう一方高血圧患者は他疾患を合併することも多く関連分野のガイドラインを理解し必要に応じて適切に参照される必要がある高血圧診療を適切に実施するうえで必要な知識を提供すべく本特集号が企画された本特集号が高血圧診療に必要な各領域のガイドラインのエッセンスを網羅的に学び、日々の臨床に活用いただく機会となれば幸甚である。

■InformationUp-to-Date  
 乳蛋白の降圧効果 横路三有紀ほか
 座位から立位血圧による起立性低血圧の診断 中村 敏子
 日本人正常血圧者と高血圧者の診察室血圧と家庭血圧の差 森  壽生
 高尿酸血症合併高血圧患者を対象とした効果的な  
    高尿酸血症治療 大田 祐子ほか
 治療抵抗性高血圧患者におけるエプレレノンの  
    心肥大改善効果 森澤 紀彦ほか
   歯周炎と心肥大 鈴木 淳一
 睡眠時無呼吸と左室肥大 関塚 宏光ほか
   診察室血圧は自由行動下血圧を過小評価する:  
    仮面高血圧研究 呉代 華容ほか
      
   
特集 高血圧診療のために押さえておきたい他学会ガイドライン
   糖尿病診療ガイドライン2016 羽田 勝計
   脳卒中治療ガイドライン2015 大木 宏一ほか
   動脈硬化性疾患予防ガイドライン2017 改訂のポイント 木下  誠
   高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015 秋下 雅弘
   CKD診療ガイドライン2013  岡田 浩一
   肥満症診療ガイドライン2016 宮崎  滋
        
臨床研究  
 テルミサルタンとCa拮抗薬あるいは利尿薬との2剤併用と
   テルミサルタン/アムロジピン及びテルミサルタン/ヒドロクロロチアジド
   配合剤との服薬アドヒアランスの比較―処方箋データベースによる解析―
      西村誠一郎ほか
症例報告  
   多発性嚢胞腎を合併した原発性アルドステロン症の一例 井上美奈子ほか
   
●連載 私と高血圧 藤村 昭夫
   
●研究室紹介  
 北里大学 医学部 循環器内科学 深谷 英平
   
トピックス  
   第6回 臨床高血圧フォーラム 佐藤  稔ほか

 

前のページへ戻る