書籍のご案内

定期刊行物のご案内

その他のご案内

Calm 2017年7月号 (Vol.4 No.2)

Calm 2017年7月号 (Vol.4 No.2)

ISBN: 978-4-86550-277-0

■監修
岡田洋右:産業医科大学医学部第1内科学講座

関連カテゴリ

  • A4判/40頁
  • 2017年7月発行
  • 定価 1,080円(本体 1,000 円 + 税)

数量:

 

■Review  
 高齢者糖尿病の血糖コントロール~目標設定の背景と現状
綿田 裕孝(順天堂大学大学院代謝内分泌内科学)
   
■CGMの「イロハ」教えます  
 実践編 CGMのある一例からみる治療戦略のディシジョンメイキング  
                                                                           成澤 学 ほか(産業医科大学医学部第1内科学講座)
   
■トピックス-最新の知見-  
 糖尿病患者の認知症予防には「血糖変動」の抑制が鍵~GA/HbA1c比が  
   有用な指標となる可能性  
                                                          木下 智絵 ほか(川崎医科大学 糖尿病・代謝・内分泌内科学)
 
■Case Study  
   シタグリプチン50mgからミチグリニド/ボグリボース配合錠への変更が
   有用であった2型糖尿病の1例  
                新生 忠司 ほか(九州労災病院門司メディカルセンター内科)  
   肥満2型糖尿病患者に対し,SGLT2阻害薬とGLP-1受容体作動薬の
 併用投与下でミチグリニド/ボグリボース配合錠を投与し,血糖変動の  
   改善をCGMにより観察した2症例  
                                                                     草間 実 ほか(中部ろうさい病院 糖尿病・内分泌内科)  
   
■Q&A  
 Q7 FGM導入時の注意点を教えてください  
黒田 暁生(徳島大学先端酵素学研究所 糖尿病臨床・研究開発センター)  
   
■- 対 談-  
 血糖変動を取り巻く未来~CGMによる血糖変動の把握,その先へ~  
 岡田 洋右                    ×                  西村 理明  
(産業医科大学医学部第1内科学講座)    (東京慈恵会医科大学 糖尿病・代謝・内分泌内科)  

 

前のページへ戻る