書籍のご案内

定期刊行物のご案内

その他のご案内

炎症と免疫 2017年7月号 (Vol.25 No.4)

炎症と免疫 2017年7月号 (Vol.25 No.4)

ISBN: 978-4-86550-273-2

■編集主幹
宮坂 信之:東京医科歯科大学名誉教授
■編集委員
東 みゆき:東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科教授
高柳 広:東京大学大学院医学系研究科教授
竹内 勤:慶應義塾大学医学部教授
廣畑 俊成:北里大学医学部客員教授/信原病院副院長
山本 一彦:理化学研究所統合生命医科学研究センター副センター長

関連カテゴリ

  • B5判/98頁
  • 2017年6月発行
  • 定価 2,160円(本体 2,000 円 + 税)

数量:

■特集〈Basic Science〉リポクオリティと炎症・免疫の制御
■特集〈Clinical Science〉遺伝子異常を基盤とする免疫疾患update
特集<Basic Science>では、さまざまなリポクオリティの違いや代謝バランスの変化が、炎症や免疫の制御にどのようにかかわるのかについて専門家が解説する。特集<Clinical Science>では、自己炎症性疾患を概説したうえで、臓器特異的免疫疾患、多臓器疾患および免疫異常症について、専門家が知見を提供する。

■特集〈Basic Science〉自己抗原の構造と修飾  
  序  有田  誠
  脂肪酸クオリティと炎症・アレルギーの制御 永沼 達郎ほか
  イノシトールリン脂質と炎症・免疫の制御 木村 洋貴ほか
  リポクオリティによる膜タンパク質の機能制御と炎症・免疫
  ~炎症抑制にかかわる電位依存性プロトンチャネル  
  Hv1/VSOPの機能 大河内善史ほか
    細胞内小器官のリポクオリティと炎症・免疫の制御 向井康治朗ほか
    リン脂質代謝酵素によるリポクオリティ制御と炎症・免疫 村上  誠ほか
 
■特集〈Clinical Science〉遺伝子異常を基盤とする免疫疾患update
  序 森尾 友宏
  臓器特異的免疫疾患を呈する免疫異常症~甲状腺炎,糖尿病,
  炎症性腸疾患,多発性硬化症~ 早川 誠一ほか
  自己炎症を主体とする免疫異常症 河合 利尚
  全身性エリテマトーデス様症状を呈する原発性免疫不全症 髙木 香恵ほか
  ベーチェット病,結節性多発動脈炎やサルコイドーシスなどの
   多臓器病変を呈する免疫異常症 和田 泰三
  アトピー性皮膚炎を呈する免疫異常症 笹原 洋二
    
がん免疫 第4回  
  がん細胞亜集団(がん幹細胞,EMT)とがん免疫 王  利明ほか
   
免疫病動物モデルの特長と限界 第4回  
  全身性エリテマトーデス動物モデル 清水 裕香ほか
   
■満喫!海外留学〜ラボとタウン紹介〜 第14回  
  大自然・異文化と触れ合う米国西海岸留学生活 江里口芳裕
     
■講座  
  神経炎症とゲートウェイ反射 中川 育磨ほか
   
■医学用語解説  
  免疫チェックポイント阻害薬 梅津 大輔ほか
   
■ティールーム  
  関節リウマチのトシリズマブ治療の誕生と  
    実践治療および研究継続の喜び 吉崎 和幸
   

 

前のページへ戻る