書籍のご案内

定期刊行物のご案内

その他のご案内

Thrombosis Medicine 2017年6月号 (Vol.7 No.2)

Thrombosis Medicine 2017年6月号 (Vol.7 No.2)

ISBN: 978-4-86550-268-4

■編集顧問
坂田 洋一:自治医科大学分子病態治療研究センター名誉教授・客員教授
鈴木 宏治:鈴鹿医療科学大学薬学部教授
■編集主幹
丸山 征郎:鹿児島大学大学院医歯学総合研究科システム血栓制御学(メディポリス連携医学)講座特任教授
■編集幹事
丸藤  哲:北海道大学大学院医学研究科侵襲制御医学講座救急医学分野教授
北川 雄光:慶應義塾大学医学部外科学教授
小林 隆夫:浜松医療センター院長
野村 昌作:関西医科大学内科学第一講座教授

  • A4判/80頁
  • 2017年6月発行
  • 定価 2,530円(本体 2,300 円 + 税)

数量:

特集【がん診療における凝固異常】
わが国での死因の一位はがんであるが、がん患者における血栓症の合併が予後に大きな影響を及ぼす。本特集では、がん診療を行う上で重要となる凝固異常の知識に特化して、メカニズムから診断・治療、並びに薬剤の使い方まで、経験を交え解説頂いた。がん診療に携わる医療者必読の一冊。

■序文 北川 雄光
 
特集【がん診療における凝固異常】
  がん患者における凝固異常のメカニズム~血栓はなぜ形成されるのか~
  窓岩 清治
  がん患者に潜む血栓塞栓症のリスク~脳梗塞~    坂口  学
  癌患者における静脈血栓症 岩堀 浩也ほか
  がん患者における血栓とその治療    
  ―Trousseau 症候群の多様性と発症機序― 向井 幹夫
  がん患者における凝固異常のメカニズム~DIC の機序と診断~
  朝倉 英策
  がん患者における DIC 治療~rTM をどう駆使するか~   柏木伸一郎ほか
    がん患者における DIC 治療  
    ~oncologic emergency に対する化学療法~ 武藤  理ほか
      
連載【毒ヘビ咬傷の病態と診療】  
第3回 診断・治療(1)-診断について 一二三 亨
   
連載【臓器移植と血栓症】  
第3回 腎移植と血栓症   渕之上昌平ほか
   
連載【線溶系研究の新展開 2017-18】  
第1回 線溶系研究の新展開(概観) 浦野 哲盟ほか
   
連載【DIC診療の新たな展開】  
第3回 アンチトロンビンによるDIC治療 射場 敏明
   
◆症例から学ぶ血栓症Q&A  
熱中症性 DIC 千葉 宣孝ほか
   
■インタビュ  
 DIC の病態・診断・治療を再考する  
―第 11 回日本血栓止血学会学術標準化委員会シンポジウム,  
DIC 部会の講演内容をふまえてー 関  義信

 

前のページへ戻る