書籍のご案内

定期刊行物のご案内

その他のご案内

多発性骨髄腫 新規治療薬の使い方・考え方

多発性骨髄腫 新規治療薬の使い方・考え方

ISBN: 978-4-86550-269-5

■編集
石田 禎夫:日本赤十字社医療センター血液内科部長

  • B5判/196頁
  • 2017年6月発行
  • 定価 5,832円(本体 5,400 円 + 税)

数量:

新規骨髄腫治療薬の使い方・考え方を解説・論考
多発性骨髄腫治療における薬物療法の進歩は著しい。2015年以降だけでも革新的な新薬が5剤(POM、PAN、CFZ、ELO、IXB)も承認されている。今後、シークエンスを含めてどのように使いこなすのかが課題となるが、現時点でその情報は限られ不足している。本書ではこれらの薬剤の使い方・考え方、エビデンス解釈などを中心に、第一線でご活躍されるエキスパートより、解説・論考いただいた。

Chapter 1 多発性骨髄腫に対する薬物療法 概論
1.多発性骨髄腫における薬物療法の変遷を知る
2.抗がん剤を中心とした薬物療法の基本的な考え方・進め方
3.多発性骨髄腫の病態メカニズムと治療標的を整理する
 
Chapter 2 各種治療薬の使い方・考え方
各種治療薬の特徴・位置づけを知る(総論)
1.ボルテゾミブ
2.カルフィルゾミブ
3.イキサゾミブ
4.サリドマイド
5.レナリドミド
6.ポマリドミド
7.パノビノスタット
8.エロツズマブ
9.ダラツムマブ
 
Chapter 3 期待される次世代の治療
1.免疫チェックポイント阻害薬
2.CAR−T 療法
3.その他 開発中の薬剤
 
付 録 本書で取り上げたおもなレジメン
 

前のページへ戻る