書籍のご案内

定期刊行物のご案内

その他のご案内

分子リウマチ治療 2017年5月号 (Vol.10 No.2)

分子リウマチ治療 2017年5月号 (Vol.10 No.2)

ISBN: 978-4-86550-261-9

■編集主幹
住田 孝之:筑波大学医学医療系内科(膠原病・リウマチ・アレルギー)教授
■編集幹事
木村 友厚:富山大学大学院医学薬学研究部整形外科・運動器病学教授
竹内  勤:慶応義塾大学医学部内科学教室リウマチ内科教授
山本 一彦:理化学研究所統合生命医科学研究センター副センター長

  • A4判/56頁
  • 2017年4月発行
  • 定価 2,530円(本体 2,300 円 + 税)

数量:

■特集:OAの最新治療―関節再生を目指して―
変形性関節症(OA)は、関節軟骨の変性および関節組織の増殖性変化などが生じ、疼痛などの臨床症状を伴う疾患である。わが国では1000万人程度の患者がおり、高齢化の進行とともにさらに増加すると予想されている。現在、さまざまな細胞源を利用して、OAの根本的治療を視野に入れた細胞治療法が開発されつつある。本特集では、わが国において変形性関節症治療の臨床応用を目指している優れた治療法を紹介している。

■特集:OAの最新治療―関節再生を目指して―  
   iPS細胞および分子標的によるOA治療戦略 妻木 範行
   骨髄間葉系細胞移植 目良  恒
   滑膜由来幹細胞移植による半月板再生 関矢 一郎
 TECによるOA治療の可能性 下村 祥一
   生分解性足場素材を用いた軟骨再生医療 浅輪 幸世ほか
   同種軟骨細胞シートによるOA治療の可能性 浜橋 恒介ほか
   
■連載 骨代謝・骨免疫[第12回]  
   骨形成を制御する転写因子Runx2とOsterix 川根 徹也ほか
   
■連載 疾患からみた細胞表面機能分子[第12回]  
 SLEにおけるTLR 天野 浩文
   
■連載 リウマチ性疾患の難治性病態の治療[第9回]  
 膠原病性肺高血圧症 川口 鎮司
   
連載 免疫学のABC[第3回]  
   T細胞による抗原認識と自己寛容成立    山田 久方
   
Journal Club  
○Effect of Abaloparatide vs Placebo on New Vertebral Fractures
   in Postmenopausal Women With Osteoporosis:A Randomized
   Clinical Trial
○Incidence of Deep Vein Thrombosis and Venous Thromboembolism  
   following TKA in Rheumatoid Arthritis versus Osteoarthritis
  :A Meta‒Analysis.          石黒 直樹
○ 2016 American College of Rheumatology/European League
   Against Rheumatism Classification Criteria for Primary
 Sjögren’s syndrome. A Consensus and Data‒Driven Methodology
   lInvolving Three International Patient Cohorts.
○Expression of Long Interspersed Nuclear Element 1 Retroelements
   and Induction of Type 1 Interferon in Patients  
   with Systemic Autoimmune Disease. 小川 法良
○Value of ultrasonography as a marker of early response to
   abatacept in patients with rheumatoid arthritis and  
   an inadequate response to methotrexate:results from
   ithe APPRAISE study.  
○Novel algorithms for the pragmatic use of ultrasound in the
   management of patients with rheumatoid arthritis  
   :from diagnosis to remission.    川上  純
   
●エッセイ『私とリウマチ学』 稲田 進一

 

前のページへ戻る