書籍のご案内

定期刊行物のご案内

その他のご案内

Keynote R・A 2017年4月号 (Vol.5 No.2)

Keynote R・A 2017年4月号 (Vol.5 No.2)

ISBN: 978-4-86550-237-4

■編集委員
石黒直樹:名古屋大学大学院医学系研究科運動・形態外科学
竹内 勤:慶應義塾大学医学部リウマチ内科
針谷正祥:東京女子医科大学附属膠原病リウマチ痛風センターリウマチ性疾患薬剤疫学研究部門
松本 功:筑波大学医学医療系内科 膠原病・リウマチ・アレルギー
山村 隆:国立精神・神経医療研究センター神経研究所

関連カテゴリ

  • A4判/48頁
  • 2017年4月発行
  • 定価 2,484円(本体 2,300 円 + 税)

数量:

■特集:関節リウマチのプレクリニカルステージ
関節リウマチは早期診断・治療が重要であるが、発症の原因についての研究も進んできた。ゲノム解析による疾患感受性遺伝子の同定のほか、歯周病菌や喫煙などの環境因子、エピジェネティックな修飾との関連が報告されてきている。更には、発症の前段階における自己抗体の成熟が進展に重要な意味をもつこともわかってきた。本特集では、これらの要因について最新の知見を交え解説頂いた。関節リウマチ発症の予防が今後可能になるかもしれない。

■特集 関節リウマチのプレクリニカルステージ
 Keynote Lecture第15回    監修:針谷正祥
   関節リウマチの発症に関連する遺伝的変異 岡田随象
 エピジェネティクスからみたRAの発症要因   河邊明男ほか
 関節炎発症前における自己抗体の意義  川㞍真也ほか
 歯周病とRA発症リスク    木村侑子ほか
   関節リウマチ発症のメカニズム:自己免疫誘導の場としての肺 森 俊輔
   
●連載  
  IL-6から見える景色 第15回  
    疾患編⑨ IL-6と敗血症 佐藤和貴ほか
   
  Highlight Series  
  Clinical Highlight 第15回 南木敏宏
    Basic Highlight 第14回 松本 功
   
  わが街紹介 第14回  
    新潟勤務は 2 度泣く 伊藤 聡
   
  リウマチ医が知るべき「運動器の知識」講座 応用編 第6回  
  リウマチ医が知るべき「脊椎(腰椎)」の知識 応用編   西田周泰ほか
   
  リウマチ・膠原病診療に必要な他科の知識と診療のコツ 第7回  
    C型肝炎治療の進歩 滝川 一
   
  Q&A 読者の疑問にお答えします 第8回  
  MRIで軟骨を評価することはできますか? 
  平岩秀樹

 

前のページへ戻る