書籍のご案内

定期刊行物のご案内

その他のご案内

ねむりとマネージメント2017年3月号 (Vol.4 No.1)

ねむりとマネージメント2017年3月号 (Vol.4 No.1)

ISBN: 978-4-86550-253-4

■編集顧問
大川 匡子::精神・神経科学振興財団理事/医療法人社団絹和会 睡眠総合ケアクリニック代々木理事
太田 龍朗:名古屋大学名誉教授/名古屋第一赤十字病院診療相談センター長
菱川 泰夫:秋田大学名誉教授/秋田回生会病院院長
村崎 光邦:CNS薬理研究所所長/北里大学名誉教授
■編集幹事
内山   真:日本大学医学部精神医学系教授
清水 徹男:秋田大学大学院医学系研究科病態制御医学系精神科学講座教授
平田 幸一:獨協医科大学神経内科教授
稲葉 雅章:大阪市立大学大学院医学研究科代謝内分泌病態内科学教授

  • A4判/44頁
  • 2017年3月発行
  • 定価 2,200円(本体 2,000 円 + 税)

数量:

■特集:眠薬の使い分け
睡眠薬には作用機序や薬物動態の異なるさまざまな薬剤が存在し、臨床の際は患者の不眠のタイプに合った薬剤を選択することが望まれる。本特集では各薬剤の薬理作用、作用機序などの基本的知識から実臨床における使い方について、新規薬剤の知見も含めて幅広くご解説いただいた。日常臨床おける睡眠薬治療の選択を検討するうえでご活用いただきたい一冊。

■特集 睡眠薬の使い分け  
  ベンゾジアゼピン系睡眠薬の使用 内山  真ほか
  Z drug(非ベンゾジアゼピン系睡眠薬)の使い分けを考える 谷口 充孝
  ラメルテオンの使い方 堀口  淳
  スボレキサントの使い方 内村 直尚
  鎮静系抗うつ薬 高江洲義和
   
■連載 わたしのカルテから 第6回  
  レストレスレッグス症候群の亜型と考えられた 鈴木 圭輔ほか
   restless bladderの一例  
   
  臨床医が実践できる診療ワンポイント 第6回  
  骨折危険性の高い高齢患者への薬物の使用法 清水 徹男
   
  TOPICS 第6回  
  双極性障害の対人関係社会リズム療法  
  ―睡眠精神療法学的視点から― 阿部又一郎

 

前のページへ戻る