書籍のご案内

定期刊行物のご案内

その他のご案内

消化器病学サイエンス   創刊準備号

消化器病学サイエンス  創刊準備号

ISBN: 978-4-86550-252-7

■編集顧問
渡辺  守:東京医科歯科大学副学長,消化器内科教授
■編集幹事
猿田 雅之:東京慈恵会医科大学内科学講座消化器・肝臓内科主任教授
仲瀬 裕志:札幌医科大学医学部消化器内科学講座教授
久松 理一:杏林大学医学部第三内科学教授
溝口 充志:久留米大学医学部免疫学講座教授

  • A4判/12頁
  • 2017年3月発行
  • 定価 1,296円(本体 1,200 円 + 税)

数量:

座談会・インタビュー/今なぜサイエンスの知識が必要なのか
本誌は若手の消化器内科医を読者対象とし、消化器病の臨床をおこなうにあたって重要な「サイエンス」を取り上げ、臨床へとつながる基礎の知識をわかりやすく解説する雑誌として創刊される。今回は、本誌創刊にあたり、「今なぜサイエンスの知識が必要なのか」座談会・インタビューを通して、編集幹事の先生方にお話しいただいた。

座談会
  創刊にあたって  
  渡辺  守先生 東京医科歯科大学副学長,消化器内科教授  
  猿田 雅之先生 東京慈恵会医科大学内科学講座消化器・肝臓内科主任教授
    久松 理一先生 杏林大学医学部第三内科学教授
   
インタビュー  
  知らなきゃ損!基礎研究で身につく論理的思考の重要性  
 仲瀬 裕志先生 札幌医科大学医学部消化器内科学講座教授
   
   基礎医学からみる消化器病学の進歩と今後  
 溝口 充志先生 久留米大学医学部免疫学講座教授
   

 

前のページへ戻る