書籍のご案内

定期刊行物のご案内

その他のご案内

骨粗鬆症治療 2014年12月号 (Vol.13 No.3)

骨粗鬆症治療 2014年12月号 (Vol.13 No.3)

ISBN: 978-4-86550-036-3

■編集主幹
西澤 良記:大阪市立大学学長
■編集幹事
高橋 直之:松本歯科大学総合歯科医学研究所硬組織疾患制御再建学部門教授
萩野  浩:鳥取大学医学部保健学科教授
三木 隆己:泉大津市立病院名誉院長
水沼 英樹:弘前大学大学院医学研究科産科婦人科学教授
楊  鴻生:藍野大学医療保健学部特任教授/兵庫医科大学整形外科非常勤講師

  • A4判/87頁
  • 2014年12月発行
  • 定価 2,200円(本体 2,000 円 + 税)

数量:

■特集:骨粗鬆症診療の地域連携
骨粗鬆症により骨折を生じた患者には骨折連鎖を予防するための治療が必要であり、そのためには、施設間の切れ目のない連携の構築が必須である。本特集では、地域連携の推進に、リーダーとして携わっている先生方が、連携の現場を報告する。

□目で見るBone Biology

■特集:骨粗鬆症診療の地域連携
  
□連載  
●EBM講座 第44回  
    
●画像診断教室 第41回
            
●最新用語解説 第48回  
    
●骨粗鬆症Q&A 第48回 
    
●臨床家のための統計講座 第1回
 
●Bone Journal Club    
 

前のページへ戻る