書籍のご案内

定期刊行物のご案内

その他のご案内

Respiratory Medicall Research 2014年4月号  (Vol.2 No.2)

Respiratory Medicall Research 2014年4月号 (Vol.2 No.2)

ISBN: 978-4-88407-966-6

■編集主幹
大田  健:国立病院機構東京病院院長
■編集幹事
出原 賢治:佐賀大学医学部分子生命科学講座分子医化学分野教授
一ノ瀬正和:東北大学大学院呼吸器内科学分野教授
玉置  淳:東京女子医科大学内科学第一講座主任教授
東田 有智:近畿大学医学部呼吸器・アレルギー内科主任教授

  • A4判/72頁
  • 2014年4月発行
  • 定価 2,484円(本体 2,300 円 + 税)

数量:

特集:特発性間質性肺炎に関する最新の話題
特発性間質性肺炎(IIPs)は原因が特定できない種々の間質性肺炎の総称であり、特発性肺線維症(IPF)をはじめとして7 種の疾患に分類されるこの分類は2002年の米国胸部医学会と欧州呼吸器学会から提唱され2011 年には新たな知見を加えた新分類が提唱されているこのようにIIPs は病理学的診断も含めいまだ進歩しつつある状況であり高分解能CT胸腔鏡下肺生検血清バイオマーカーの発見等でIIPs の診断は飛躍的に進歩したが治療となるといまだ満足を得るものではなく今後の研究成果が待たれる本特集では2014 年現時点でのIIPs のstate of art が明確にまとめられIIPs の知識の整理と今後の研究に役立てていただければ幸いである。

 
■特集 特発性間質性肺炎に関する最新の話題
  
□連 載 
■これでわかる!最新のバイオマーカー
      
■呼吸機能検査UP−DATE  
 
■吸入手技の重要性 ―いかに吸入指導をおこなうか―  
   
■基礎用語の最先端  
 
■呼吸器疾患に関する注目の治療 
 

 

前のページへ戻る