書籍のご案内

定期刊行物のご案内

その他のご案内

Keynote R・A 2016年7月号 (Vol.4 No.3)

Keynote R・A 2016年7月号 (Vol.4 No.3)

ISBN: 978-4-86550-191-9

■編集委員
石黒直樹:名古屋大学大学院医学系研究科運動・形態外科学
竹内 勤:慶應義塾大学医学部リウマチ内科
針谷正祥:東京女子医科大学附属膠原病リウマチ痛風センターリウマチ性疾患薬剤疫学研究部門
松本 功:筑波大学医学医療系内科 膠原病・リウマチ・アレルギー
山村 隆:国立精神・神経医療研究センター神経研究所免疫研究部

関連カテゴリ

  • A4判/42頁
  • 2016年7月発行
  • 定価 2,530円(本体 2,300 円 + 税)

数量:

■特集:自己免疫-自己炎症-免疫不全の関係を探る 自己免疫-自己炎症-免疫不全のそれぞれの病態は、複雑な相関関係のもとに成り立っており、現状では不明な点も多い。しかし、遺伝子の同定など研究も進み、将来的には各免疫機構の以上に応じた治療が可能になることが期待される。本特集では、それぞれの関係につきエキスパートにわかりやすく解説頂いている。 本書が理解を深める一助になれば幸いである。

■特集 自己免疫-自己炎症-免疫不全の関係を探る
 Keynote Lecture第12回    監修:竹内 勤
 自然免疫不全と自己炎症の関係    西小森隆太ほか
 複合免疫不全症や分類不能免疫不全症における自己免疫疾患  星野顕宏ほか
 自己炎症と自己免疫の関係    井田弘明
 自己免疫における免疫不全        鈴木和子ほか
   
●連載  
  IL-6から見える景色 第12回  
  疾患編 IL-6と神経病態・疼痛    山村 隆
   
  Highlight Series  
  Clinical Highlight 第12回 佐々木貴紀
  Basic Highlight 第11回 佐藤和貴郎
  小野紘彦
  わが街紹介 第12回  
  風土が育む文化と暮らし、土佐ノ國   公文義雄
   
  リウマチ医が知るべき「運動器の知識」講座 応用編 第3回  
  リウマチ医が知るべき「肘関節」の知識 応用編   兼田大輔ほか
   
  Q&A 読者の疑問にお答えします 第5回  
  RAの足関節について、人工関節置換と固定のどちらを選べばよいですか?
  橋本 淳

 

前のページへ戻る