書籍のご案内

定期刊行物のご案内

その他のご案内

Helicobacter Research 2017年2月号 (Vol.21 No.1)

Helicobacter Research 2017年2月号 (Vol.21 No.1)

ISBN: 978-4-86550-238-1

■編集主幹
浅香  正博:北海道大学大学院医学研究科がん予防内科学講座特任教授
■編集幹事
菅野 健太郎:自治医科大学名誉教授
杉山  敏郎:富山大学大学院医学薬学研究部消化器造血器腫瘍制御内科学、内科学第三講座教授
高橋  信一:杏林大学医学部第三内科教授
福田  能啓:兵庫医科大学名誉教授/医療法人協和会第二協立病院院長
村上  和成:大分大学医学部消化器内科学講座教授

関連カテゴリ

  • A4判/90頁
  • 2017年2月発行
  • 定価 2,200円(本体 2,000 円 + 税)

数量:

■特集:Helicobacter pylori除菌治療におけるP-CAB登場のインパクト
1990年代はじめにPPIが出現し,酸関連疾患の治療は大きく進歩したが、いくつかの問題点が明らかになりH. pylori除菌治療にも影響を与えることがわかってきた。P-CABは従来の問題点を克服する強力な酸分泌抑制薬であり、H. pylori除菌治療においても大きなインパクトを与えている。本特集では、開発や臨床試験にかかわった専門家や、P-CABの使用経験の豊富な臨床家に、H. pylori除菌治療での使い方も含め、わかりやすく解説。

■連載/海外Helicobacter pylori疫学調査:
―立案,調査からデータ解析に至るまで―  
 第12回 モンゴルでの疫学調査―その1― 山岡 吉生
 
■特集●Helicobacter pylori除菌治療におけるP-CAB登場のインパクト
 序  村上 和成
 P‒CABの薬理学的特性と作用メカニズム 杉崎加代子ほか
  従来の酸分泌抑制薬の問題点とP‒CABによる克服   蘆田 潔ほか
   P‒CABのHelicobacter pylori除菌率への影響  
 ―治験データより―  沖本 忠義ほか
 P‒CABのHelicobacter pylori除菌率への影響  
 ―実臨床データより―  西川 潤ほか
 P‒CABを用いたHelicobacter pylori三次除菌療法 古田 隆久ほか
 P‒CABのHelicobacter pylori除菌判定に及ぼす影響 林 武弘ほか
 P‒CAB投与による有害事象の可能性 森 英毅ほか
   
●連載  
  Helicobacter pylori ニュース
  米国消化器病会議(ACG) 2016(2016年10月14~19日,ラスベガス)
珍田 大輔ほか
   欧州消化器病週間(UEGW) 2016(2016年10月15~19日,ウィーン)
西村 直之
 
Helicobacter pylori感染症”時代の除菌診療―その課題とは何か―
 第38回 当院におけるHelicobacter pylori除菌療法の実際と課題
 (出雲市立医療センター) 小林 祥也ほか
   
●原著  
 当院におけるHelicobacter pylori除菌療法の現状
 —ボノプラザンフマル酸塩による治療成績— 高橋 敬二ほか
   
Helicobacter pylori感染症 認定医スキルアップ講座(新連載)
 スキルアップ⑬ 除菌判定時,尿素呼気試験の値が判定保留域に
    なった場合,その除菌判定時期,判定方法は?
  間部 克裕
 スキルアップ⑭ Helicobacter pyloriの毒性の強さはどこで
    決まりますか? 山岡 吉生
   
●最新文献紹介  
 <基礎> 塩谷 昭子
 <臨床> 辻  晋吾

 

前のページへ戻る