書籍のご案内

定期刊行物のご案内

その他のご案内

分子リウマチ治療 2016年2月号 (Vol.9 No.1)

分子リウマチ治療 2016年2月号 (Vol.9 No.1)

ISBN: 978-4-86550-149-0

■編集主幹
住田 孝之:筑波大学医学医療系内科(膠原病・リウマチ・アレルギー)教授
■編集幹事
木村 友厚:富山大学大学院医学薬学研究部整形外科・運動器病学教授
竹内  勤:慶応義塾大学医学部内科学教室リウマチ内科教授
山本 一彦:東京大学大学院医学系研究科内科学専攻アレルギーリウマチ学教授

  • A4判/52頁
  • 2016年2月発行
  • 定価 2,530円(本体 2,300 円 + 税)

数量:

■特集:IgG4関連疾患の病因・病態を考える
本特集で取り上げたIgG4関連疾患の認知度・報告数の増加は目を見張るものがある。 IgG4関連疾患に関する総説・雑誌の特集など目にする機会も増えたが、今号では涙腺・唾液腺炎、自己免疫性膵炎、腎臓病、呼吸器疾患、リンパ節炎に関して、それぞれの第一人者の先生たちにIgG4関連疾患の概念を俯瞰するとともに、臓器毎の病因・病態について解説して頂いた。また、分子標的療法の導入により関節リウマチの病態が見直されているように、治療の成果から改めて病因・病態に関する新たな局面が展開することを期待し、IgG4関連疾患の治療の現状と示唆される病態についての解説も設けた。これまでのIgG4関連疾患に関する総説・特集とはひと味違った内容となっており、読者の皆様に本疾患を再考する一助となると、幸甚である。

■特集:IgG4関連疾患の病因・病態を考える  
  IgG4関連涙腺・唾液腺炎から 森山 雅文
  自己免疫性膵炎から 内田 一茂ほか
  IgG4関連腎臓病から 川野 充弘
  IgG4関連呼吸器疾患から 松井 祥子
  IgG4関連リンパ節炎から 正木 康史
  治療からみたIgG4関連疾患の病因・病態 山本 元久ほか
   
■連載 次世代の分子ターゲット[第10回]  
  Btk 篠原 正浩 ほか
   
■連載 骨代謝・骨免疫[第7回]  
  骨細胞による造血・免疫・エネルギー代謝制御 片山 義雄
   
■連載 疾患からみた細胞表面機能分子[第7回]  
  間質性肺炎(RA合併)とGM?CSF受容体 塩見  葵
   
■連載 リウマチ性疾患の難治性病態の治療[第4回]  
  PM/DMにおける急速進行性間質性肺炎 中嶋  蘭
   
Journal Club  
○Methotrexate polyglutamates in erythrocytes are associated with lower disease
   activity in patients with rheumatoid arthritis.  
○Post‒hoc Analysis Showing Better Clinical Response with the Loading Dose of
   Certolizumab Pegol in Japanese Patients with   
   Active Rheumatoid Arthritis. 川上 純
○Loss of sclerostin promotes osteoarthritis in mice via β‒catenin‒dependent and
   independent Wnt pathways. 熊谷 研
○Meta‒analysis of tumor necrosis factor inhibitors and   
   glucocorticoids on bone density in rheumatoid arthritis  
   and ankylosing spondylitis trials. 針金 健吾
○RNA sensing by conventional dendritic cells is central to the development of
   lupus nephritis.  
○Cell-intrinsic expression of TLR9 in autoreactive B cells constrains
   BCR/TLR7-dependent responses. 佐藤由紀夫
○Effects and safety of rituximab in systemic sclerosis:an analysis from the
   European Scleroderma Trial and Research (EUSTAR) group. 齋藤 篤史
○Prediction of Sjögren’s Syndrome Years Before Diagnosis and Identification of
   Patients With Early Onset and Severe Disease Course by Autoantibody
   Profiling. 西岡 亜紀
   
●エッセイ『私とリウマチ学』 菅井  進

 

前のページへ戻る