書籍のご案内

定期刊行物のご案内

その他のご案内

炎症と免疫 2016年7月号 (Vol.24 No.4)

炎症と免疫 2016年7月号 (Vol.24 No.4)

ISBN: 978-4-86550-188-9

■編集主幹
宮坂 信之:東京医科歯科大学名誉教授
■編集委員
東 みゆき:東京医科歯科大学大学院教授
高柳 広:東京大学大学院医学系研究科教授
竹内 勤:慶應義塾大学医学部教授
廣畑 俊成:北里大学医学部教授
山本 一彦:東京大学大学院医学系研究科教授

関連カテゴリ

  • B5判/96頁
  • 2016年6月発行
  • 定価 2,160円(本体 2,000 円 + 税)

数量:

■特集〈Basic Science〉低酸素シグナルと炎症
■特集〈Clinical Science〉呼吸器疾患と免疫
炎症と低酸素は古くから扱われているテーマであるが、最近になり低酸素性虚血性脳症の新生児への臍帯血幹細胞の治療がおこなわれはじめたり、低酸素と診断・治療との関係もクローズアップされている。特集は、各種低酸素関連疾患を標的とした治療に役立つことを期待した内容である。特集は、重症肺炎、気管支喘息、LAM, COPD、呼吸器感染症、びまん性肺疾患の免疫および免疫異常についての最新の概説であり、 診療の参考になることを目的とした内容である。

■特集〈Basic Science〉低酸素シグナルと炎症  
  序  森田 育男
  低酸素センサー 中山  恒
  低酸素シグナルと血管新生 市來 俊弘
  低酸素下におけるサイトカインネットワーク  
サフロノヴァ オルガほか
  慢性炎症と低酸素シグナル 仙波 宏章ほか
  低酸素と生活習慣病 冨田 修平ほか
   
■特集〈Clinical Science〉呼吸器疾患と免疫
  序 星野 友昭
  重症肺炎と自然免疫 山本 和子ほか
  気管支喘息の免疫療法 山崎  進ほか
  リンパ脈管筋腫症と免疫 瀬山 邦明ほか
  COPDと免疫異常 杉浦 久敏
  間質性肺疾患と免疫 岡元 昌樹ほか
    
■TOPICS  
  組織マクロファージの分化・活性化の分子機構 織  大祐ほか
   
■B細胞内のシグナル伝達機構 第8回  
  ヒトB細胞シグナルにおけるSykの役割 岩田  慈ほか
   
■満喫!海外留学〜ラボとタウン紹介〜 第8回  
  満喫!ニューヨークでの研究生活 藤枝雄一郎
     
■講座  
  気道炎症と肥満 山口 正雄
   
■医学用語解説  
  プロペンシティスコア(Propensity score) 久保 智史ほか
   
■ティールーム  
  時の流れは,“QOL for patients”から  
  “QOL for doctors”なのか? 石ヶ坪良明
   

 

前のページへ戻る