書籍のご案内

定期刊行物のご案内

その他のご案内

分子脳血管病 2017年1月号 (Vol.16 No.1)

分子脳血管病 2017年1月号 (Vol.16 No.1)

ISBN: 978-4-86550-235-0

■編集主幹
内山真一郎:国際医療福祉大学教授,山王病院・山王メディカルセンター脳血管センター長
■編集幹事
阿部 康二:岡山大学大学院医歯薬学総合研究科脳神経内科学教授
北川 一夫:東京女子医科大学医学部神経内科学主任教授
塩川 芳昭:杏林大学医学部脳神経外科教授・脳卒中センター長
鈴木 倫保:山口大学大学院医学系研究科システム統御医学系学域脳神経外科学分野教授
松本 昌泰:JCHO星ヶ丘医療センター病院長

関連カテゴリ

  • A4判/100頁
  • 2016年1月発行
  • 定価 2,310円(本体 2,100 円 + 税)

数量:

■特集 脳梗塞 薬物療法の新展開
本特集では脳梗塞超急性期、急性期の薬物療法、ならびに一次・二次予防における降圧薬、脂質異常症治療薬、糖尿病治療薬、抗血小板療法、抗凝固療法に関して取り上げた。これらの最新情報や今後の課題・展望について、各専門家が解説。

■座談会 脳卒中研究・臨床におけるトピックス 2017  
  内山真一郎/松本昌泰/北川一夫/塩川芳昭/鈴木倫保/阿部康二 
   
■特集 脳梗塞 薬物療法の新展開  
 序 松本 昌泰
 血栓溶解療法の現状とこれから:  
    血管内治療時代の本格的幕開けを迎えて 平野 照之
 脳梗塞急性期の降圧療法 八木田佳樹
 脳梗塞急性期の抗血栓療法:抗血小板療法の進歩とその役割 伊藤 義彰
 脳梗塞急性期の抗血栓療法:抗凝固薬の進歩とその役割 熊本 将也ほか
 脳梗塞一次・二次予防と降圧薬療法の進歩 脇坂 義信ほか
   脳梗塞一次・二次予防と脂質異常症治療薬の進歩 細見 直永ほか
   脳梗塞一次・二次予防と糖尿病治療薬の進歩 卜部 貴夫
   脳梗塞一次・二次予防と抗血小板療法の進歩 北川 一夫
   脳梗塞一次・二次予防と抗凝固療法の進歩 柴田  曜ほか
   
■連載 脳血管障害の基礎知識〜脳卒中専門医に知っておいてほしいキーワード〜
 <内科系>【第11回】  
 反復経頭蓋磁気刺激治療(rTMS) 新見 昌央ほか
 <外科系>【第11回】  
 脳血管内治療による脳動脈瘤治療 松原 俊二
      
■脳卒中専門医のための画像診断 【第3回】
 DWI-FLAIR mismatch(Negative-FLAIR) 青木 淳哉
      
■血管内治療・デバイス総覧 【第5回】
 ReVive SE 榎本由貴子
   
●【海外論文紹介】【Top Journal Up To Date】  
 脳梗塞時にアルテプラーゼは閉塞血管末梢領域の微小血管血栓を減少させ
 血管再開通の効果を向上させる 福岡 卓也
 頸動脈狭窄症に対するステント留置術と頸動脈内膜剥離術の長期成績
  小川祐佳里ほか
   
●脳卒中専門医のためのリハビリテーション【第5回】  
 脳卒中患者の痙縮治療とリハビリテーション 武内 俊明
   
●忘れられないあの一例【第18回】  
   Vertebral artery stump syndromeの一例 河野 浩之
      
●歴史上の有名人と脳卒中【第13回】  
 幕末・明治期の超絶技巧彫金師「正阿弥勝義」と脳卒中 阿部 康二
   
●脳卒中こぼれ話 渡邉 一夫

 

前のページへ戻る