書籍のご案内

定期刊行物のご案内

その他のご案内

Keynote R・A 2014年7月号 (Vol.2 No.3)

Keynote R・A 2014年7月号 (Vol.2 No.3)

ISBN: 978-4-88407-999-4

■編集委員
石黒直樹:名古屋大学大学院医学系研究科運動・形態外科学
竹内 勤:慶應義塾大学医学部リウマチ内科
針谷正祥:東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科薬害監視学講座
松本 功:筑波大学医学医療系内科 膠原病・リウマチ・アレルギー
山村 隆:国立精神・神経医療研究センター神経研究所免疫研究部

関連カテゴリ

  • A4判/51頁
  • 2014年7月発行
  • 定価 2,530円(本体 2,300 円 + 税)

数量:

■特集:自己免疫・炎症を抑制しうる新規細胞・分子とその機能
近年では医療の進歩により、関節リウマチの治療には炎症性サイトカインや細胞を標的とした生物学的製剤が主となっている。しかし、自己免疫疾患においていまだ機序の不明な分子も多く、解明が望まれる。本特集では、自己免疫疾患の新しい治療開発が期待できる新規細胞・分子を紹介する

特集 自己免疫・炎症を抑制しうる新規細胞・分子とその機能
   
●連載  
   IL-6から見える景色 第8回  
 
  Clinical Highligh
 
  Basic Highlight
   
 リウマチ医が知るべき「肘関節」の知識
 
  頸椎に生じるリウマチ性病変   
 
 関節リウマチ・膠原病患者における慢性呼吸器疾患の管理  
 
 自然と歴史と文化が豊かな街
 
 

 

前のページへ戻る