書籍のご案内

定期刊行物のご案内

その他のご案内

IBD Research2014年12月号 (Vol.8 No.4)

IBD Research2014年12月号 (Vol.8 No.4) 品切れ

ISBN: 978-4‐86550-033-2

■編集主幹
日比 紀文:北里大学北里研究所病院炎症性腸疾患先進治療センターセンター長
■編集幹事
鈴木 康夫:東邦大学医療センター佐倉病院内科学講座主任教授
松井 敏幸:福岡大学筑紫病院消化器内科教授
渡辺  守:東京医科歯科大学消化器内科教授

関連カテゴリ

  • A4判/104頁
  • 2014年12月発行
  • 定価 2,200円(本体 2,000 円 + 税)
品切れ
■特集:IBD 診療におけるインフォームド・コンセントのためのエビデンスを見直す
IBD(UC, CD)患者数がわが国でも20万人を超えてきている。現在IBDは一部の専門医だけでなく一般の消化器科医師も診療する機会が増加しており、診療を円滑におこなう際にはインフォームド・コンセント(IC)が不可欠である。本特集ではIBDに関する重要な臨床試験のまとめ、試験データの読み方・解釈の仕方、そして患者さんへの示し方の具体例など、ICのベースとなる知識を十分に得られる構成となっている。IBD 診療に必須の特集号。
 
■特集 IBD 診療におけるインフォームド・コンセントのためのエビデンスを見直す
  
■特別寄稿  
 
■連載インタビュー
IBD 専門施設を訪ねて
 
■トピックス ワールドコングレスレポート 
 
■講座 IBD 治療のピットフォール
 
■診断講座 症例から学ぶ IBD 鑑別診断のコツ
 
■症例報告 
 
■Q&A専門医に聞く IBD  

 

前のページへ戻る