書籍のご案内

定期刊行物のご案内

その他のご案内

IBD Research2014年9月号 (Vol.8 No.3)

IBD Research2014年9月号 (Vol.8 No.3) 品切れ

ISBN: 978-4-86550-007-3

■編集主幹
日比 紀文:北里大学北里研究所病院炎症性腸疾患先進治療センターセンター長
■編集幹事
鈴木 康夫:東邦大学医療センター佐倉病院内科学講座主任教授
松井 敏幸:福岡大学筑紫病院消化器内科教授
渡辺  守:東京医科歯科大学消化器内科教授

関連カテゴリ

  • A4判/78頁
  • 2014年9月発行
  • 定価 2,160円(本体 2,000 円 + 税)
品切れ
■特集:知って得する! IBD に合併する諸問題と対策
近年、IBD患者が増加するなかで、治療法が発展し病態制御を可能とするとともに治療に伴う新たな合併症や病態像が問題になりつつある肝胆膵、凝固線溶系、B型肝炎、CMV感染など重篤となりかねない病態発現の可能性があり、事前の知識集積と対策は必須であるまたIBD罹患中に妊娠・出産の機会に遭遇する患者も増加し、男女ともに患者の心身に配慮した診療体制が求められる本特集ではエキスパートがこれらの諸問題の現状と対応策を紹介あくまでも患者サイドに立った治療の重要性が強調されている
 
■特集 知って得する! IBD に合併する諸問題と対策
 
■連載インタビュー 
 
■連載
トピックスワールドコングレスレポート   
 
■講座IBD 治療のピットフォール  
 
■診断講座症例から学ぶ IBD 鑑別診断のコツ  
 
■Q&A専門医に聞く IBD 

 

前のページへ戻る