書籍のご案内

定期刊行物のご案内

その他のご案内

Diabetes Strategy 2014年 Spring号 (Vol.4 No.2)

Diabetes Strategy 2014年 Spring号 (Vol.4 No.2)

ISBN: 978-4-88407-983-3

■編集主幹
清野 裕 (関西電力病院院長/関西電力医学研究所所長/京都大学名誉教授)
■編集幹事
稲垣 暢也 (京都大学大学院医学研究科糖尿病・内分泌・栄養内科学教授)
植木浩二郎 (東京大学大学院医学系研究科分子糖尿病科学特任教授)
矢部 大介 (関西電力病院糖尿病・代謝・内分泌センター部長/関西電力医学研究所副所長/神戸大学大学院医学研究科客員准教授)
山田祐一郎 (秋田大学大学院医学系研究科内分泌・代謝・老年内科学教授)
綿田 裕孝 (順天堂大学大学院医学研究科代謝内分泌内科学教授)

  • A4判/41頁
  • 2014年5月発行
  • 定価 1,980円(本体 1,800 円 + 税)

数量:

DPP-4 阻害薬の安全性を再考する~膵炎に対する懸念、免疫系に対する懸念~
DPP-4阻害薬は従来の糖尿病治療薬とは異なる作用機序を有し 、低血糖を生じにくく、単剤・併用のいずれにおいても有効 性を発揮し得ることから、第一選択薬としても非常に高い評 価を得ているといえる。しかし、わが国で発売・使用されて から比較的日が浅く、今後、長期も含め、DPP-4阻害薬使用に おいてリスクを有する患者を明らかにしていくことが重要と なる。本座談会では膵炎・免疫系の観点からこれまでの知見 に基づき、DPP-4阻害薬の安全性とこれからの課題をご討議い ただいた。今後のより適切な薬物療法の参考としていただき たい一号。

 
■Roundtable Meeting   
   
■座談会
 
■糖尿病のここがわからない!? 第13回  
   
■Topics 最新の論文紹介  
 No.24 GLP-1 受容体活性化とEpac2 は心房性ナトリウム  
     利尿ペプチド分泌と血圧制御とを結びつける 
 No.25 2 型糖尿病におけるサキサグリプチンと心血管転帰   
     ―ADVANCE-ON 研究― 
 
■Rising Stars 輝ける研究者たち 第13回  

 

前のページへ戻る