書籍のご案内

定期刊行物のご案内

その他のご案内

分子心血管病 2009年8月号 (Vol.10 No.4)

分子心血管病 2009年8月号 (Vol.10 No.4)

ISBN: 978-4-88407-593-4

■編集幹事
江頭 健輔:九州大学大学院医学研究院循環器内科学准教授
倉林 正彦:群馬大学大学院医学系研究科臓器病態内科学教授
堀内 正嗣:愛媛大学大学院医学系研究科分子心血管生物・薬理学教授
三浦 俊郎:山口大学大学院医学系研究科器官病態内科学准教授
森下 竜一:大阪大学大学院医学系研究科臨床遺伝子治療学講座教授
横出 正之:京都大学医学部附属病院探索医療センター探索医療臨床部教授

  • A4判/112頁
  • 2009年8月発行
  • 定価 2,200円(本体 2,000 円 + 税)

数量:

■特集:血管内皮研究の新展開
血管内皮機能障害と動脈硬化性疾患のつながりが指摘されて以来、その機序解明と正確な評価方法の確立が急がれている。また一方で、血管内皮細胞の分子機構を明らかにする研究も進み、新たな治療戦略の可能性が広がってきた。血管内皮研究の最新の知見をレビュー。

◆血管内皮研究の新展開
座談会 喫煙による健康被害と循環器科医の役割
          今泉 勉/松岡秀洋/野出孝一/廣岡良隆/室原豊明
 
■連載 心血管系EBMの再展開 第38回 特別企画座談会
 JSH2009―心・血管・脳保護―Part 2
                                                                 
■連載講座◆アンジオテンシンの新たな展開 第58回
 ARB/利尿薬合剤の位置づけ
 
■連載◆YIA―Young Investigator's Award―賞受賞論文 第22回
 第31回 日本高血圧学会
                                                      
■循環器診療の最前線
 
■海外ラボ紹介
 
■国内ラボ紹介
 ―若い力を合わせ不整脈に加え新たな分野にも挑戦中―
 

前のページへ戻る