書籍のご案内

定期刊行物のご案内

その他のご案内

Thrombosis Medicine 2016年3月号 (Vol.6 No.1)

Thrombosis Medicine 2016年3月号 (Vol.6 No.1)

ISBN: 978-4-86550-159-9

■編集顧問
坂田 洋一:自治医科大学分子病態治療研究センター名誉教授・客員教授
鈴木 宏治:鈴鹿医療科学大学薬学部教授
■編集主幹
丸山 征郎:鹿児島大学大学院医歯学総合研究科システム血栓制御学(メディポリス連携医学)講座特任教授
■編集幹事
丸藤  哲:北海道大学大学院医学研究科侵襲制御医学講座救急医学分野教授
北川 雄光:慶應義塾大学医学部外科学教授
小林 隆夫:浜松医療センター院長
野村 昌作:関西医科大学内科学第一講座教授

  • A4判/92頁
  • 2016年3月発行
  • 定価 2,484円(本体 2,300 円 + 税)

数量:

■特集:【大量出血の病態生理と輸血戦略】 
大量出血は周術期死亡の最大の要因であり、その対策は患者を救うことに直結する。 本特集では大量出血の病態生理と輸血戦略を取り上げ、出血性ショックへの理解を深めるとともに、モニタリングによる止血戦略や救命救急・手術室で遭遇する大量出血の対策など最新の解説を掲載している。周術期医療に携わる医師必読の一冊。

■序文 外 須美夫
 
■特集【大量出血の病態生理と輸血戦略】
  大量出血の病態生理     安田 智嗣ほか
  大量出血に対する輸血戦略    宮田 茂樹
  大量出血における止血機能モニタリング 小川  覚ほか
  産科的大量出血:病態と対策  
  (フィブリノゲン製剤と遺伝子組換え活性型第VII因子製剤を含む)   奥富 俊之
  外傷性大量出血:病態と対策   新井 正康
  腹部大量出血:ダメージコントロールと腹部コンパートメント症候群  
  安田 光宏ほか
  肝臓移植手術の大量出血 病態と戦略    
  (ABO不適合移植における輸血ガイドライン含む)    馬場 千晶ほか
   
■連載【Viscoelastic Device】  
  第4回 トロンビン生成試験(thrombin generation test)   松本 智子ほか
   
■連載【女性ホルモン剤と血栓症】  
  第6回  日本における女性ホルモン剤使用に起因する血栓塞栓症と肥満
  および加齢との関係    杉浦 和子ほか
   
■連載【薬物と止血凝固異常】  
  第2回 免疫調節薬と止血凝固異常   石井 一慶
   
■連載【下大静脈フィルターの現状】  
  第1回 下大静脈フィルターの種類と歴史   長谷部光泉ほか
   
◆ガイドライン ここがポイント!  
  国際血栓止血学会の癌に伴う播種性血管内凝固症候群のガイダンス
  Guidance for DIC associated cancer  和田 英夫ほか
   
◆症例から学ぶ血栓症Q&A  
  慢性難治性DICの診断と治療のポイントとは?    志関 雅幸ほか
   
■インタビュー  
  ストップ敗血症 目指せ救命   
  世界敗血症デー2015 in Japanを振り返って   松田 直之
   
■レポート  
  2015年 世界血栓症デー開催レポート   保田 知生
   

 

前のページへ戻る