書籍のご案内

定期刊行物のご案内

その他のご案内

Diabetes Strategy 2016年 Winter号 (Vol.6 No.1)

Diabetes Strategy 2016年 Winter号 (Vol.6 No.1)

ISBN: 978-4-86550-143-8

■編集主幹
清野 裕:関西電力病院院長/関西電力医学研究所所長/京都大学名誉教授
■編集幹事
稲垣 暢也:京都大学大学院医学研究科糖尿病・内分泌・栄養内科学教授
植木浩二郎:東京大学大学院医学系研究科分子糖尿病科学特任教授
矢部 大介:関西電力病院糖尿病・代謝・内分泌センター部長/関西電力医学研究所副所長/神戸大学大学院医学研究科客員准教授
山田祐一郎:秋田大学大学院医学系研究科内分泌・代謝・老年内科学教授
綿田 裕孝:順天堂大学大学院医学研究科代謝内分泌内科学教授

  • A4判/48頁
  • 2016年2月発行
  • 定価 1,944円(本体 1,800 円 + 税)

数量:

■運動療法を科学する
運動療法は、食事療法と並ぶ糖尿病治療の基本の一つである。しかしながらその適応・導入・継続には患者、医療者ともにさまざまな課題を抱えているのが実情といえる。 本座談会では運動療法の科学的な有効性を再検証し、実臨床上の課題をいかにクリアしていくかについて、エキスパートの先生方にご討議いただいた。日常診療における指針としてぜひお役立ていただきたい一号。

■Roundtable Meeting  
 座談会  
 運動療法を科学する
稲垣 暢也  田村 好史  曽根 博仁  細井 雅之 (発言順)
   
■Roundtable Meeting Comment  
 座談会コメント  
石黒 創  加賀 英義  田中 永昭
   
■糖尿病のここがわからない!? 第20回  
 感覚運動神経障害と自律神経障害の病態・診断法・治療法の特徴 姫野 龍仁ほか
   
■Topics 最新の論文紹介  
 No.38 高齢糖尿病患者における高血糖緊急症エピソード後の長期死亡リスク:国内コホート研究
  黒瀬 健
 No.39 中枢セロトニン作動性ニューロンによる熱産生脂肪  
         (褐色・ベージュ脂肪)の活性化と動員,およびブドウ糖・脂質恒常性の調節
   後藤 孔郎ほか
   
■糖尿病治療薬 発見・開発の歴史 第5回  
 チアゾリジン誘導体 発見と開発の歴史 井上 真理子ほか
   
■Rising Stars 輝ける研究者たち 第20回  
インタビュー:中村 昭伸先生
〔北海道大学大学院医学研究科免疫・代謝内科学分野糖尿病・内分泌グループ
(北海道大学病院内科)〕

 

前のページへ戻る