書籍のご案内

定期刊行物のご案内

その他のご案内

緩和医療学2009年1月号 (Vol.11 No.1)

緩和医療学2009年1月号 (Vol.11 No.1) 品切れ

ISBN: 978-4-88407-532-3

■編集委員
小川 節郎:日本大学医学部麻酔科教授
下山 直人:国立がんセンター中央病院手術・緩和医療部部長
濱口 恵子:癌研究会有明病院看護部副看護部長
保坂   隆:東海大学医学部基盤診療学系教授
堀   夏樹:NTT東日本関東病院緩和ケア科部長
向山 雄人:癌研究会有明病院緩和ケア科部長

関連カテゴリ

  • B5判/96頁
  • 2009年1月発行
  • 定価 2,200円(本体 2,000 円 + 税)
品切れ

■特集:緩和医療・終末期医療における倫理と法
本企画の目的は、緩和医療・終末期医療の現場で働いている医療従事者に役に立つ生命・医療倫理領域の知識と情報を提供することである。倫理的考察には時間と労力が要求されるが、患者とその家族が満足する医療を実現するためには倫理的に好ましい態度と手続き、選択が必須である。医療と倫理は別物でも対立するものでもなく、不可分で一体である。本特集では、基礎レベルから現場での実践レベルまで7つのトピックスを取り上げた。

特集●緩和医療・終末期医療における倫理と法   
 
●原著    
    
●緩和医療学講座ABC   
    
■地域の患者・家族支援組織/第16回   
  
■がん患者の症状緩和/第13回   
    
■緩和医療にかかわるチームメンバー/第9回
    
■緩和医療の現場から  
   
●海外文献紹介● 
 

 

前のページへ戻る