書籍のご案内

定期刊行物のご案内

その他のご案内

緩和医療学2009年4月号 (Vol.11 No.2)

緩和医療学2009年4月号 (Vol.11 No.2)

ISBN: 978-4-88407-562-0

■編集委員
小川 節郎:日本大学医学部麻酔科教授
下山 直人:国立がんセンター中央病院手術・緩和医療部部長
保坂   隆:東海大学医学部基盤診療学系教授
堀   夏樹:NTT東日本関東病院緩和ケア科部長
向山 雄人:癌研究会有明病院緩和ケア科部長

関連カテゴリ

  • B5判/96頁
  • 2009年4月発行
  • 定価 2,200円(本体 2,000 円 + 税)

数量:

■特集:非悪性疾患の緩和ケア
WHO(2002)の緩和ケアの定義では「悪性腫瘍」、「がん」などの言葉が除外され、「生命を脅かす疾患」とされている。海外では非悪性疾患への緩和ケアは拡大しつつあるが、わが国では「がん対策基本法」によって緩和ケア=がんというイメージが強くなった。しかし、緩和ケアの根幹はすべての疾患に共通するものである。本特集では、非悪性の各疾患について現場で取り組む医師や、かつて専門医であった緩和ケア医などに執筆を依頼し、カナダ・エドモントン市の緩和ケア専門医などに海外の現状と今後の展望を執筆してもらった。

特集●非悪性疾患の緩和ケア   
 
●調査研究   
     
●総説   
      
●緩和医療学講座ABC   
     
■地域の患者・家族支援組織/第17回   
 
■がん患者の症状緩和/第14回   
    
■緩和医療にかかわるチームメンバー/第10回
    
■緩和医療の現場から  
 
●海外文献紹介●  
 
■BOOK Review 
 

 

前のページへ戻る