書籍のご案内

定期刊行物のご案内

その他のご案内

整形外科診療のためのNSAIDs処方ハンドブック〜NSAIDs処方と潰瘍対策の実際〜

整形外科診療のためのNSAIDs処方ハンドブック〜NSAIDs処方と潰瘍対策の実際〜

ISBN: 978-4-88407-827-0

■編集
岩本 幸英:九州大学大学院医学研究院整形外科学分野教授
菅野健太郎:自治医科大学医学部内科学講座消化器内科学部門主任教授

  • B6判/112頁
  • 2012年8月発行
  • 定価 2,860円(本体 2,600 円 + 税)

数量:

整形外科領域で用いるNSAIDsの使用法、 副作用としてのNSAIDs潰瘍とその対策につきコンパクトにまとめた実践書
非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)は、抗炎症作用と鎮痛作用をもち、整形外科領域では欠かせない治療薬の1つであるが、消化性潰瘍・出血という副作用の大きな原因となっている。NSAIDs潰瘍の発生は、新たな治療を要するばかりでなくNSAIDs投与中止により原疾患へ悪影響をきたすため、NSAIDs潰瘍の予防と治療の実際について十分に知る必要がある。本書は、整形外科医がNSAIDsの潰瘍リスクについて十分に知り、適切な対応ができるよう、重要な情報をコンパクトにまとめている。NSAIDsを処方する機会の多い 整形外科医の日常診療に即した必携の一冊。

Part 1.疼痛管理におけるNSAIDsの位置づけをみる
      〜NSAIDs潰瘍の臨床的課題から治療および予防の意義を知る〜

1.疼痛管理の重要性とNSAIDsの位置づけをみる
2.NSAIDs潰瘍の臨床的問題の重大性をみる

Part 2.NSAIDs潰瘍の治療と予防の考え方を知る
1.NSAIDs潰瘍の治療の実際を知る
2.NSAIDs潰瘍の予防の実際を知る

Part 3.整形外科疾患における薬物療法とNSAIDsの位置づけをみる
1.変形性関節症に対する薬物療法におけるNSAIDsの位置づけ
2.リウマチ性疾患での使用の実際をみる
3.腰痛の疼痛管理での薬物療法の実際をみる
4.骨粗鬆症(骨粗鬆症関連骨折)での使用の実際をみる

Part 4.NSAIDs潰瘍をくわしく知るためのQ & A
Q1.NSAIDsによる胃・十二指腸以外の消化管の影響を教えてください
Q2.ビスフォスフォネート製剤はNSAIDs潰瘍のリスクを上昇させますか?
Q3.PPIは骨折リスクを増大させるという報告がありますが,大丈夫ですか?
Q4.PPIの長期投与時の安全性については大丈夫ですか?

Part 5.NSAIDs潰瘍の保険診療の注意点を知る
  NSAIDs潰瘍の保険診療に関するQ & A

前のページへ戻る