書籍のご案内

定期刊行物のご案内

その他のご案内

Helicobacter Research2015年6月号 (Vol.19 No.3)

Helicobacter Research2015年6月号 (Vol.19 No.3)

ISBN: 978-4-86550-086-8

■編集主幹
浅香  正博:北海道大学大学院医学研究科がん予防内科学講座特任教授
■編集幹事
菅野 健太郎:自治医科大学名誉教授
杉山  敏郎:富山大学大学院医学薬学研究部消化器造血器腫瘍制御内科学、内科学第三講座教授
高橋  信一:杏林大学医学部第三内科教授
福田  能啓:兵庫医科大学ささやま医療センター病院長・教授
村上  和成:大分大学医学部消化器内科学講座教授

  • A4判/96頁
  • 2015年6月発行
  • 定価 2,160円(本体 2,000 円 + 税)
品切れ
特集:京都国際胃炎コンセンサス会議で明らかになったこととは何か
日本主導の国際的コンセンサス形成会議に実際に出席したメンバーによる執筆。本会議では、H. pylori胃炎・FDの疾患分類における位置づけ、わが国が高い技術を有する内視鏡と、一方欧米で優勢な病理との診断能の比較、そして適切な除菌時期・対象についてグローバルレベルでコンセンサス形成が試みられた。果たしてコンセンサスは得られたのか? 国際的コンセンサス形成のむずかしさもしのばれる臨場感に満ちた特集号。
 
■連載/海外Helicobacter pylori疫学調査:―立案,調査からデータ解析に至るまで―
 
■特集●京都国際胃炎コンセンサス会議で明らかになったこととは何か
 
●連載
Helicobacter pylori ニュース
 
Helicobacter pylori感染症”時代の除菌診療―その課題とは何か―
 
Helicobacter pylori 除菌診療クエスチョン&アドバイス
 
●最新文献紹介

前のページへ戻る