書籍のご案内

定期刊行物のご案内

その他のご案内

~かかりつけ医でみる~ 骨粗鬆症Q&A

~かかりつけ医でみる~ 骨粗鬆症Q&A 残りわずか

ISBN: 978-4-88407-612-2

■編集
西沢 良記:大阪市立大学大学院医学研究科代謝内分泌病態内科学教授
中村 利孝:産業医科大学医学部整形外科教授

  • B5判/200頁
  • 2010年1月発行
  • 定価 4,400円(本体 4,000 円 + 税)

数量:

日常診療上で遭遇する疑問に“すぐに役立つ”プライマリ・ケア医のための必携書
わが国の高齢化率は21%を超え、超高齢社会へと突入している。このような状況において、高齢者のQOLの維持・向上を妨げる大腿骨頸部骨折や椎体骨折の大きな要因である骨粗鬆症への医学的対応は切迫した社会の課題といえる。本書では、実診療に即した問いかけに対し、骨粗鬆症、骨代謝学の第一線の専門家が全40項目の「Q&A」形式で実践的にわかりやすく解説している。すべてのかかりつけ医の診療机に置いておきたい一冊。

Part 1 骨粗鬆症の現状とその課題をみる

Part 2 骨粗鬆症の病態と診断をみる
 
Part 3 骨粗鬆症の治療戦略を探る
 
Part 4 治療に注意を要する骨粗鬆症患者さんの治療戦略を探る
 
Part 5 きめの細かい服薬指導のために知識を得る
 
Part 6 骨粗鬆症治療における各科の役割を探る
 

前のページへ戻る