書籍のご案内

定期刊行物のご案内

その他のご案内

透析療法と合併症対策ハンドブック

透析療法と合併症対策ハンドブック 残りわずか

ISBN: 4-88407-171-9

■編集
秋澤 忠男:和歌山県立医科大学血液浄化センター教授

関連カテゴリ

  • B6判/492頁
  • 2005年2月発行
  • 定価 4,180円(本体 3,800 円 + 税)
品切れ

透析患者に合併するさまざまな病態への対策を簡潔にまとめた実践書
近年の透析医療の進歩により、わが国の透析患者の生存率は高い。しかし他方では、透析の長期化、患者の高齢化や糖尿病透析患者の増加により、透析に付随する合併症も多岐にわたり、患者個々の透析療法のより細やかな対応に迫られている。本書は、全身の合併症への対策や薬剤の選択基準を具体的に提示。また精神的ケアや生活指導などにもふれ、明日からの透析医療スタッフが速やかにベッドサイドで対応できるよう、コンパクトにまとめた実践書。

Part 1.透析療法実施上のポイント
 1.透析療法選択にあたっての透析導入基準とそのポイント
 2.患者の年齢・背景に応じたインフォームド・コンセントのポイント
 3.基礎疾患を有する患者の治療上のポイント
 4.長期透析患者への精神的支援のポイント
 5.患者・医療スタッフ間の信頼関係構築のためのポイント
 6.妊娠患者への透析療法上の注意点
 7.透析療法時の緊急時の対応とトラブル防止対策

Part 2.透析療法に伴う合併症とその対策
 1.循環器病変とその対策
 2.肺機能障害とその対策
 3.脳血管障害とその対策
 4.神経障害とその対策
 5.透析患者における消化器病変
 6.眼科障害とその対策
 7.歯科領域の問題点とその対策―口腔へのアミロイド沈着について―
 8.皮膚病変とその対策
 9.骨・関節病変とその対策
 10.血管障害とその対策
 11.内分泌異常とその対策
 12.糖尿病とその対策
 13.感染症とその対策
 14.免疫能障害とその対策
 15.悪性腫瘍とその対策
 16.水・電解質異常とその対策
 17.透析患者の精神障害とその対策

Part 3.透析医療で併発するおもな合併症の治療薬
 1.降圧薬の使用上のポイント
 2.造血薬の使用上のポイント
 3.血小板凝集抑制薬の使用上のポイント
 4.感染症治療薬使用上のポイント
 5.抗潰瘍薬の使用上のポイント
 6.骨・カルシウム代謝薬の使用上のポイント
 7.電解質輸液薬の使用上のポイント
 8.下剤使用上のポイント

Part 4.透析患者への生活指導
 1.透析患者への食事指導・栄養管理
 2.透析療法患者への患者教育

 

前のページへ戻る