書籍のご案内

定期刊行物のご案内

その他のご案内

インフォームド・コンセント ガイダンス -がん診療編-

インフォームド・コンセント ガイダンス -がん診療編- 残りわずか

ISBN: 4-915892-76-X

■編著
森岡 恭彦:日本赤十字社医療センター院長、東京大学名誉教授

  • A4判/392頁
  • 1999年4月発行
  • 定価 4,860円(本体 4,500 円 + 税)

数量:

医療行為に不可欠なインフォームド・コンセント各科領域の特殊を考慮しながら、その実例を交えて詳細に詳述、明日の医療現場で実践するための座右の書
がん診療の現場において患者と向き合い、ともに病と闘っていくためにはまず考えなければならないインフォームド・コンセント。しかし、わが国ではいまだにこの考え方が定着したとはいいがたい。本書はそのABCから患者年齢、各臓器がん別の進め方、用語解説など詳述、実際的知識、経験の不足を補い、より理解を深めることを目的に編纂され、まさに現場の医療従事者に必携の書。

Part 1.インフォームド・コンセント実施のためのABC
 1.インフォームド・コンセントの今日的意義
 2.病名告知とインフォームド・コンセント
 3.チーム医療としてのインフォームド・コンセントの進め方
 4.患者背景を考慮したインフォームド・コンセントの進め方
 5.患者家族へのインフォームド・コンセントの工夫
 6.インフォームド・コンセントを得るための手順と手続き
 7.インフォームド・コンセント後の医療者の患者・家族への支援体制
 8.進行度・病期別インフォームド・コンセントの進め方―早期~末期―
 9.新GCP下のインフォームド・コンセント
 10.臨床検査におけるインフォームド・コンセント―がんのDNA診断と遺伝子診断―
 11.輸血に際してのインフォームド・コンセント
 12.QOLを配慮した治療選択のためのインフォームド・コンセントのポイント
 13.費用についてのインフォームド・コンセント
 14.海外のインフォームド・コンセントの実施

Part 2.患者年齢を考慮したインフォームド・コンセント
 1.小児がん患者へのインフォームド・コンセントの工夫
 2.高齢がん患者へのインフォームド・コンセントのあり方

Part 3.がん治療にあたってのインフォームド・コンセントのポイント
 1.治療選択決定を配慮したインフォームド・コンセント
 2.術前・術後におけるインフォームド・コンセント
 3.がん化学療法実施前・実施中におけるインフォームド・コンセント

Part 4.各臓器がんにおけるインフォームド・コンセントの実際
 1.消化器がん患者へのインフォームド・コンセントの進め方
 2.肺・縦隔がん患者へのインフォームド・コンセントの進め方
 3.造血器腫瘍患者におけるインフォームド・コンセントの進め方
 4.乳がん患者へのインフォームド・コンセントの進め方
 5.女性生殖器がん患者へのインフォームド・コンセントの進め方
 6.男性生殖器がん患者へのインフォームド・コンセントの進め方
 7.腎・副腎・尿路がん患者へのインフォームド・コンセントの進め方
 8.頭頸部がん患者へのインフォームド・コンセントの進め方
 9.悪性骨軟部腫瘍患者のインフォームド・コンセントの進め方
 10.皮膚がん患者へのインフォームド・コンセントの進め方
 11.脳腫瘍患者のインフォームド・コンセントの進め方

Part 5.インフォームド・コンセントにおける用語解説
 ・サイコオンコロジー・緩和医療・コーピング・在宅医療・がん疼痛管理・放射線治療とハイパーサーミヤ・レーザー治療・リエゾン精神医学
 ・機能温存療法・・・など

前のページへ戻る