書籍のご案内

定期刊行物のご案内

その他のご案内

SSRIのすべて

SSRIのすべて 残りわずか

ISBN: 978-4-88407-424-1

■編集
小山 司 :北海道大学大学院医学研究科神経機能学講座精神医学分野教授

  • B5判・並製本/300頁
  • 2007年10月発行
  • 定価 4,950円(本体 4,500 円 + 税)

数量:

治療薬を日常臨床にいかに応用すべきか、あらゆる角度からその可能性を探り、EBMから治療戦略までも網羅した薬剤の使い方の実践書
選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)は従来の三環系抗うつ薬の副作用を大幅に改善し、急性期治療のみならず再燃・再発予防のための持続・維持療法にも用いられており、うつ病治療薬の第一選択薬として定着しつつある。また臨床で幅広く使用され、不安障害の各亜型の治療薬としても適応を拡大している。本書では、開発の歴史から臨床応用の現況、薬理、治療の実際など、わが国で使用可能なSSRI3剤を中心に国内外の知見を解説する。SSRIをあらゆる視点から検討することで精神科のみならず他科、プライマリ・ケアでの適切な薬剤選択と使用を目指す。姉妹書「SNRIのすべて」もあわせて参照していただきたい。

Part 1 総論

 1.現代社会におけるうつ病の問題と SSRI の意義
 2.SSRI 開発の歴史と治療への臨床応用

Part 2 SSRI の臨床薬理
 1.セロトニントランスポーターの機能異常と阻害効果
 2.SSRI の作用とセロトニン濃度
 3.SSRI と脳機能—脳イメージングから—
 4.SSRI の薬物動態と代謝—フルボキサミン,パロキセチンを中心に—
 5.SSRI の脳由来神経栄養因子(BDNF)への作用

Part 3 SSRI による治療の実際
Ⅰ/SSRI による気分障害へのアプローチ
A:うつ病性障害
 1.うつ病治療薬としての SSRI の位置づけ
 2.軽症うつ病と SSRI の効果
 3.難治性うつ病に対する SSRI の効果
 4.非定型うつ病の病態と SSRI の効果
 5.うつ病の再燃・再発と SSRI の効果
 6.EBM からみた SSRI のうつ病への治療効果
 7.プライマリ・ケアと SSRI
B.双極性うつ病における SSRI の効果
C.季節性うつ病における SSRI の効果

Ⅱ/SSRI による不安障害へのアプローチ
 1.社会不安障害
 2.パニック障害
 3.強迫性障害
 4.PTSD

Ⅲ/SSRI による身体症状・疾患へのアプローチ
 1.慢性疼痛
 2.呼吸器障害
 3.過敏性腸症候群
 4.摂食障害
 5.循環器障害—虚血性心疾患を中心として—
 6.うつ病と糖尿病

Part 4 SSRI の投与法の実際
 1.SSRI と投与量,投与期間の原則
 2.SSRI と服薬アドヒアランス
 3.SSRI の長期投与における効果
 4.中止後発現症状の観点からみた SSRI の使い方
 5.薬物療法以外の治療と SSRI の併用効果—精神療法の併用を中心として—
 6.他剤から SSRI へ切り替える際の注意点
 7.老年者のうつ病における SSRI の使い方

Part 5 治療上の注意点と安全性
 1.SSRI の安全性・副作用・薬物相互作用—その対策
 2.SSRI の退薬症候と投与中止時の原則
 3.SSRI の児童・青年期患者への投与と安全性

Part 6 将来展望
 1.うつ病・不安障害における SSRI の今後の役割と使い方—ベンゾジアゼピンと比較して
 2.医療経済学からみた SSRI
 3.SSRI と患者へのサイコエデュケーション
 4.時間生物学的な治療からみた SSRI

前のページへ戻る