書籍のご案内

定期刊行物のご案内

その他のご案内

痛みと臨床 2007年10月号 (Vol.7 No.4) 最終号

痛みと臨床 2007年10月号 (Vol.7 No.4) 最終号

ISBN: 978-4-88407-423-4

■編集主幹
小川 節郎:日本大学医学部麻酔科教授
■編集幹事
坪井 康次:東邦大学医学部心身医学教授
林   泰史:東京都リハビリテーション病院長

関連カテゴリ

  • B5判/106頁
  • 2007年10月発行
  • 定価 2,200円(本体 2,000 円 + 税)

数量:

■特集:スポーツ障害による痛み
スポーツは競技、健康増進、趣味・興味など地球規模で広くおこなわれているが、身体に負荷をかける限り、障害を起こす可能性はつねに存在する。 本特集では、運動器に障害が起こった場合、創傷、腫脹、出血、可動障害などスポーツ障害に対する痛みの治療・障害の回避に関して専門医の先生方に解説していただく。

★特集 スポーツ障害による痛み  
  序 荒川 正昭
  成長期のスポーツ障害 古賀良生ほか
  画像診断 大森 豪ほか
  スポーツによる腰痛とその対策 大久保 衞
  投球障害とその治療・予防 岩堀裕介ほか
  ランニング障害とその対策 鳥居 俊
  スポーツによる肉離れとその治療 奥脇 透
   

■痛みへのアプローチ27 頭痛の診断から治療まで

 
  1.片頭痛の診断と治療 森本 昌宏
  2.緊張型頭痛の診断と治療 岡本健一郎
  3.群発頭痛の診断と治療 柴田 興一
  4.薬物乱用頭痛 清水 俊彦
   
■ドラッグセミナー  
  セロトニン受容体作動薬(モサプリド)の鎮痛効果 大島忠之ほか
   
■講座  
  チームとしてのアプローチ-緩和ケアから- 月山 淑
   
■トピックス
  薬理学的疼痛機序判別試験(Drug challenge test)
有田 英子
   
■ちょっとイタイはなし-22  
 遠絡療法 外 須美夫
   

 

前のページへ戻る