書籍のご案内

定期刊行物のご案内

その他のご案内

緩和医療学 2009年10月号 (Vol.11 No.4)

緩和医療学 2009年10月号 (Vol.11 No.4)

ISBN: 978-4-88407-591-0

■編集委員
小川 節郎:日本大学医学部麻酔科教授
下山 直人:国立がんセンター中央病院手術・緩和医療部部長
保坂   隆:東海大学医学部基盤診療学系教授
堀   夏樹:NTT東日本関東病院緩和ケア科部長
向山 雄人:癌研究会有明病院緩和ケア科部長

関連カテゴリ

  • B5判/116頁
  • 2009年10月発行
  • 定価 2,200円(本体 2,000 円 + 税)

数量:

■特集:がん対策基本法を受けて変わりつつあること ―今後の緩和ケアを見つめて
 がん患者を含めた国民からの要望の高まりを背景に「がん対策基本法」が成立し、がん対策は大きな転換期を迎え、現在着実に前進しつつある。また、政府はがん対策において緩和ケアを重点的に取り組むべき課題として位置づけ、さまざまな施策を講じている。本特集では「さまざまな場面において切れ目なく適切な緩和ケアを提供していく体制を整備するための取組」と「より質の高い緩和ケアを提供していくために現在進められている緩和ケア領域における主な研究」の二部構成で今後の緩和ケアの方向性を探った。

特集●がん対策基本法を受けて変わりつつあること―今後の緩和ケアを見つめて―
         
  序 ―がん対策基本法により動きはじめた緩和ケアの取組の現在の状況と今後の展望―
加藤 雅志
    1.さまざまな場面において切れ目なく適切な緩和ケアを
        提供していく体制を整備するための取組
      がん診療に携わるすべての医師が緩和ケアの基本的な知識を習得
    していくための研修―PEACEプログラムを用いた研修会について―
木澤 義之ほか
      緩和ケアに携わる医療従事者の育成を目的とした緩和ケアチーム研修会に
    ついて―がん診療連携拠点病院緩和ケアチーム研修会―
橋爪 隆弘ほか
      トピックス① eラーニングを用いた緩和ケアや精神腫瘍学を
              専門とする医師の育成について  
  佐藤 温
    トピックス② 精神腫瘍学クイックリファレンスの作成について

小川 朝生ほか

    医師のコミュニケーション技術の向上を図るためのコミュニ
    ケーション技術研修会について
山田 祐ほか
    がん患者の療養生活の質の維持向上を図るための,がんの
    リハビリテーション研修ワークショップについて
   辻  哲也
    がん診療連携拠点病院における緩和ケアの提供体制の整備について

加藤 雅志

    がん患者を含めた国民に対する緩和ケアの普及啓発を目的とした
    オレンジバルーンプロジェクトについて
川崎 優子ほか
   
   2.より質の高い緩和ケアを提供していくために現在進め
    られている緩和ケア領域における主な研究
    がん緩和医療 -地域で支える体制構築と地域包括的プログラムの開発-
江口 研二
    がん診療連携拠点病院における緩和ケアの提供体制の調査
    と緩和ケアの質の評価に関する研究について
宮下 光令
    がん患者やその家族に対する社会的サポートやグループカウン
    セリングに関する研究について     
保坂  隆
    がん患者に対する精神医学的な介入に関する研究について 明智 龍男
   
●症例報告  
 在宅緩和ケアとの切れ目のない連携を可能にした
 院外施設参加型カンファレンス
武田明
   
●緩和医療学講座ABC  
  神経障害性疼痛の新しい知見 新倉 慶一ほか
   
■地域の患者・家族支援組織/第19回  
 地域と院内の乳がんのサポート・グループ,
 そして子どもを含めた家族の支援の紹介
大沢かおり
   
■がん患者の症状緩和/第16回  
  不安 小林真理子ほか
   
■緩和医療にかかわるチームメンバー/第12回
  訪問看護ステーション勤務の訪問看護師
本 千春
   
■緩和医療の現場から  
  「寄り添う」ために必要な日本的空間・時間 松本 武敏
   
●海外文献紹介●  
  終末期における医療費の推移:カナダにおける実情 松岡 順治
  つぼ圧迫バンドは放射線治療関連悪心を軽減する 水上奈穂美
   

 

前のページへ戻る