書籍のご案内

定期刊行物のご案内

その他のご案内

分子心血管病 2010年2月号 (Vol.11 No.1) 最終号

分子心血管病 2010年2月号 (Vol.11 No.1) 最終号 品切れ

ISBN: 978-4-88407-630-6

■編集幹事
江頭 健輔:九州大学大学院医学研究院循環器内科学准教授
倉林 正彦:群馬大学大学院医学系研究科臓器病態内科学教授
堀内 正嗣:愛媛大学大学院医学系研究科分子心血管生物・薬理学教授
三浦 俊郎:山口大学大学院医学系研究科器官病態内科学准教授
森下 竜一:大阪大学大学院医学系研究科臨床遺伝子治療学講座教授
横出 正之:京都大学医学部附属病院探索医療センター探索医療臨床部教授

  • A4判/64頁
  • 2010年2月発行
  • 定価 2,200円(本体 2,000 円 + 税)

数量:

■特集:創刊10年を振り返って〜心血管病治療の歩み〜
創刊10年を記念して、本誌の編集顧問・幹事による座談会を開催。 心血管病治療分野は、この10年のあいだに「メタボリックシンドローム」や「CKD」などの新たな疾患概念の浸透、日本人による大規模臨床試験の実施、再生医療の実用化へ向けた取り組みなどを経験し、めざましい進展を遂げた。各座談会では、それぞれの専門分野からこの10年を振り返るとともに、そこからみえてくる次の課題に挑む。 『分子心血管病』の集大成ともいうべき座談会特集号。

創刊10年記念特別号―座談会特集―
 
座談会  
創刊10年を振り返って〜心血管病治療の歩み〜
編集顧問 荻原俊男(司会)/松益/永井良三
 
心血管病治療の10年間の軌跡と展望
 
  虚血性心疾患                 江頭健輔(司会)/北風政史/松原弘明
  心血管疾患の予防医学             倉林正彦(司会)/荒井秀典/植木浩二郎/苅尾七臣
  RA系研究の進歩と臨床応用の成果           堀内正嗣(司会)/楽木宏実/光山勝慶
  心肥大・心不全・心筋症の機序解明はどこまで進んだか
三浦俊郎(司会)/竹村元三/新井昌史/木村彰方
  再生医療・遺伝子治療           森下竜一(司会)/室原豊明/小室一成/米満吉和
  脂質異常症・動脈硬化             横出正之(司会)/山下静也/石橋 俊/木下 誠
 
創刊10年を振り返って〜心血管病治療の進展と概観,これからの10年〜
編集幹事 堀内正嗣(司会)/江頭健輔/倉林正彦/三浦俊郎/森下竜一/横出正之

 

前のページへ戻る